転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職の面接でも必ず聞かれる自己PR。「アピールできる実績やスキルがない」「自己PRが書けない」と悩む人もいると思いますが、そのような場合アピールポイントとして使いたいのが行動力やリーダーシップなどの人間性。人間性も企業が求めている人材のイメージとマッチすれば立派なアピールポイントになるのです。

早速応募企業の求人情報でどのような人物を求めているのか確認し、ここにある例文を参考にしながら自己PRを作成してみましょう。

行動力アピールが効果的なのは、応募したい求人情報の求める人材に「未知の分野に挑戦するバイタリティを持っている」「フットワーク軽く、物事にトライできる」「自ら課題発見、行動、解決する」などが挙げられている場合など

「行動力」の自己PR例文

「行動力」とは…… 目標のために必要な行動を考え、スピーディに実行し、成果を出していくこと。

同じ自己PRでもシチュエーションによって適切な文字数が異なります。履歴書・職務経歴書それぞれの例文を載せていますので、必要な文字数に合わせて使い分けてくださいね。

履歴書の「行動力」アピール例文(150文字前後)

私は行動力があります。会議の会場セッティングを先輩が担当していましたが、大変そうだったのでお手伝いできないか相談したところ、任せていただけました。

会議開始時間にはプロジェクタの設置が終わっているように準備を行い、スムーズに会議が進行するよう努めました。また、社外の方が参加する際には、早めに来社されても大丈夫なように準備を早め、お茶出しも行いました。

職務経歴書の「行動力」アピール例文(270文字前後)

私は行動力があります。自分にもできることを探し、会議の会場セッティングを率先して行いました。以前は担当業務の多い先輩がやっていましたが、開始直前までほかの打合せが入っていることが多かったので、私が代わりにやることを申し出ました。

会議開始時間には、プロジェクタの設置や資料の配布が終わるように準備し、メンバーが揃ったらすぐに会議を始められるようにしていました。また、社外の方との会議では、早めに来社されることが多かったので、その時間を見越して準備を完了させ、お茶出しも合わせて行って、会議までお待ちいただくようにしました。貴社でも自分ができることを探し、自ら行動していきます。

「行動力」アピール 転職MYコーチからのアドバイス

履歴書の自己PRは、志望動機(3行前後)の前に3行ほどで収めます。文字数が限られているので、行動力を裏付ける内容としては「フットワーク軽く動くことを心掛ける」など、簡潔に自身が実践していることを述べるに留めます。

一方、職務経歴書の自己PRでは具体的なエピソードを添えて、あなたに行動力があることを納得してもらうことが大切。大きなことでなくても構いませんので、「自分から先に何をしたのか」「日ごろどのように行動をしているか」など行動力を発揮した具体的なエピソードを交えて伝えましょう。

例文のほかにも

  • 会議でプロジェクタを使う際は、見やすいよう電気を消す
  • 違う部署の人にも自分からあいさつをしたり、声を掛ける
  • 文房具の発注を各自で行っていたが、定期的に自分が一括して行うようにした
  • 同じフロアの人にはなるべく内線を使わずデスクに赴き用件を伝え、顔を覚えてもらうようにした

など、あなた自身は「些細なこと」「取るに足らないこと」だと思っていても、それは立派な工夫です。具体的な行動内容を交えて説明していきましょう。

面接で行動力を自己PRする際には、職務経歴書に書いた内容をもとに、実際に声に出して読んでみて2分くらいに収まる長さに要約してみましょう。

■注意■ 自己PRとは「企業が求めている人材」へのマッチ度をアピールする場!

自己PRを「自分の強みをアピールする場」と思っていませんか? 本来自己PRとは、「企業が求めている人材にいかに自分がマッチしているか」をアピールするもの。「どれだけ優れたスキルを持っているか」ではなく、「募集している人物像と合っている」ことが大切なのです。

まずは応募したい企業の求人情報をしっかり読み込み、「求めている人材」に合わせて自己PRを作成していきましょう。

こんな振る舞いはNG! 転職MYコーチが語る
「行動力」アピール台無しの瞬間

行動力とは、目標を持って自ら積極的に動くこと。しかし、目的もないまま、フットワーク軽く動いたのでは、「計画性なしに突っ走る人材ではないか」など心配になってしまいます。また、面接で質問されたことに対し、元気のない声で、自信がなさそうに回答すると「本当に行動力があるのかな……」とも思われてしまいます。

面接官は、行動力の裏にある計画性も合わせて確認しています。そのため、計画性や目標、目標を達成するための工夫や努力したことなども振り返り、記載や回答ができるようにしましょう。

面接の際は自己PRの内容と矛盾した受け答えや、言動にならないように注意しましょう。

≫面接で行動力など「長所」をアピールするには? コツとNGポイントを紹介!

賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド