転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

QUESTION
自己PRでプライベートのことをアピールしてもよい?
私は今まで自己PRをする際「成長することに意欲的である」と話してきました。営業職希望なので、今までは企業の反応も良かったのです。しかし、ここ一年、転職活動がうまくいかず、半年ほどひきこもりがちのニートになりました。転職活動を始めた頃の自分と違い、今の自分にはこの自己PRは全くあてはまっていないと思います。

この内容はあくまでも昔の自分の長所に過ぎません。しかし、今の自分が本当に自信を持って自己PR出来ることといったら、全て遊びの話などになってしまいます。面接では、内容よりも自信に満ち溢れた表情や態度を重視するとよく聞きますが、自己PRは企業の受けのいい内容よりも、今の自分が本当に自信のあることをPRすべきなのでしょうか?

マウンテンバイクマン(29歳 男性)

ANSWER
「成長することに意欲的である」という自己PRですが、できれば前職での経験を事例にあげて説明しましょう。記載されているように言葉だけでなく、自信に満ち溢れた表情や態度を面接官が見極めますが、大切なことはどれだけ信憑性のある内容かという点です。面接官は、多くの応募者を面接しているプロですので、無理やり受けのいい言葉を選んでも、気持ちは伝わりません。

自己PRで遊びの話しは、あまりお勧めできません。プライベートな内容を自己PRする場合、応募職種や仕事の姿勢等に関連しなければ、面接官は興味を示しません。
半年間の引きこもりを経験されても、現在、仕事に前向きな気持ちであれば、マウンテンバイクマンさんの気持ちを率直に表現されてはいかがでしょうか。

半年間のブランクについて、できれば、応募職種につながる資格を目指してきた等、自己啓発してきたことを説明する方法もあります。実際は、引きこもっていても、今日からでも勉強をスタートすることはできるはずです。転職活動がうまくいかず、落ち込まれたと思いますが、企業が知りたいのは過去ではなく、現在と今後の仕事に対しての熱意ですから、具体的に成長への意欲を説明しましょう。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド