転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

20代の生き方・働き方を応援

趣味が充実している人は、仕事も充実しているというのは本当か?

掲載日:2017.1.23

趣味と仕事は、実は深くつながっているものと言われています。コーヒーやモノづくりなど、趣味だったものが高じてそれを仕事にしてしまう人もいるくらいです。そんな起業家もいる中、現代の20代ビジネスパーソンの趣味・仕事への意識とは、どのようなものでしょうか? その趣味と仕事との関係性を探ってみました。

ビジネスパーソンにとって、趣味と仕事のバランスとは?

趣味が充実している人は、仕事も充実しているというのは本当か?のイメージ画像1

みなさんは、憧れの上司や先輩が1日24時間や休日をどのように過ごしているか、聞いたことはあるでしょうか。異業種勉強会や語学などの朝活を済ませてから出社する先輩や、休日の登山が欠かせないという先輩、昼休みやアフターファイブに都内を軽く走るのが趣味の上司など、彼らの時間の使い方、人生の愉しみ方は、20代ビジネスパーソンにとって大いに参考になるでしょう。

また、ビジネス界の著名人の中でも、ビジネスマンとしての生活の傍らでしっかりとした趣味の世界を持っているという人も少なくありません。どうやら、普段の暮らしでのアクティブさや興味を追求する貪欲さは、仕事の成功や充実とも関わっているのかもしれませんね。

20代のビジネスパーソンは、今の仕事についてどう思っているか?

首都圏に住む20代のビジネスパーソンの皆さんから、趣味と仕事への取り組み方について調査(*1)したところ、その関係性に少し興味深い結果が出てきました。

現状の仕事について、「自分の力を発揮できている」「仕事が楽しい(充実している)」「責任のある仕事を任されている」「成長意欲がある」ことに「そう思う」「どちらかというとそう思う」と答えた人の60~75%が、「自分には趣味がある」と回答しているのです。

趣味が充実している人は、仕事も充実しているというのは本当か?のイメージ画像2

中でも、「自身のスキルアップになっている」「新しいことに挑戦している」「給料・待遇に満足している」に対して「そう思う」「どちらかというとそう思う」と答えた人の中で、「趣味がある」という人と「趣味がない」人の差は約2倍もありました。

これは趣味のある人の方が、公私ともにアクティブであり、現状の自分のあり方にも満足していて、人生に前向きであることを示しているようです。

なぜ、趣味の充実は仕事の充実につながるのか?

次に、「趣味がある」と答えた人に、趣味を通じて得られたものについて聞いてみました。一番多いのが「気分転換できる」(68.1%)、次いで「知識が広がった」(46.1%)、「人脈が増えた」(40.8%)となりました。

趣味が充実している人は、仕事も充実しているというのは本当か?のイメージ画像3

では、なぜ趣味の世界で充実していると、仕事面での充実につながるのでしょうか。趣味のために休日や勤務時間外に時間を費やすと、その忙しさから仕事面では逆にマイナスの影響が出そうな気もしますが、そんなことはないのでしょうか。

人は、仕事だけに集中していると創造力や生産性に限界が出てくると言われています。そのため趣味が充実している人は、それが良い気分転換となり快適な気分で普段の仕事に向き合えたり、趣味を通じて得られた知見などをうまく仕事に活用できているのだと考えられます。

活躍している先輩ビジネスマンの後ろ姿を見て、現代の20代ビジネスパーソンはそれをしっかり認識しているのかもしれません。また、10代からインターネットを含む幅広いメディアでの情報に触れ、多様な消費行動を持ち、もともと自分の関心を追求する趣味人が多いのもこの世代の特徴です。

人脈が増える、知識が広がる、気分転換できるなど、趣味と仕事の両輪を持つことは、ビジネスパーソンのクリエイティビティにとって、良いことばかりなのです。

趣味が仕事になった、あの著名人

趣味が充実している人は、仕事も充実しているというのは本当か?のイメージ画像4

著名人の中にも、趣味がやがて仕事になった、仕事の幅を広げることにつながったという人はたくさんいます。

音楽・アウトドア・車・アーリーアメリカン雑貨・ゴルフなど驚くほどの多趣味で有名な所ジョージさんは、さまざまなグッズのプロデュース業にも携わり、さらにいわゆるアメ車の人気雑誌を発刊し、なんとゴルフクラブの開発では特許を持つなどの多才さを発揮。絵本作家に転身したお笑い芸人、キングコング西野さんはニューヨークで個展も開くほどのアクティブな活動を見せています。また、よゐこの有野さんはゲーム好きが高じてゲーム番組をもっているばかりでなく、とうとうゲーム開発にも乗り出しました。さらに、いまや「芸能界グルメ王」として名高いアンジャッシュ渡部さんは、趣味と生き方と仕事を上手に統合することのできた大成功例でしょう。

それだけではありません。最近話題を呼んだ「サードウェーブコーヒー」の筆頭、ブルーボトルコーヒー創業者であるジェームス・フリーマンCEOこそ、趣味を追求して大成功した起業家。元クラリネット奏者のアーティストだったフリーマン氏は、小さいころから魅了されていたコーヒーの美味しさを追い求めるうちに、起業へと至ったのです。

自分の働き方に関心を持ってみよう

趣味が充実している人は、仕事も充実しているというのは本当か?のイメージ画像5

転職経験のない人の中で「趣味がある」と答えた人が54.5%にとどまるのとは逆に、「1〜4回の転職経験があり、かつ趣味がある」と回答した人は67.5%と開きがありました。趣味に積極的な人は、自分のキャリアにも積極的で、主体的な関心を持っているということの表れのようです。

今回は、趣味を通じて生き方や働き方を見てみました。自分の好きなことや関心を持っているものが具体的にある人は、充実度が高くなっているようです。これからみなさんはたくさんの経験をします。どんなことがきっかけになるかわかりませんが、ちょっと気になったことや好きだなあと感じたことなどに、興味を持って関わってみるのも良いかもしれませんね。

*1:シゴトサプリ調べ インターネット調査 20代~30代男女、1都3県在住、会社員 N=55

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。