転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

面接失敗力をつける

プラスの落ち方とマイナスの落ち方がある

転職時の面接は「落ちて当たり前」。失敗から学び取る成長の原動力

意外かもしれませんが、実は転職の面接は「何社も落ちて当たり前」の世界です。現在の勤務先でいかに優秀な社員だとしても、他では「社風と合わない」「本人と自社の求めるものが違う」などといった理由で不採用になるケースは当たり前にあるのです。

ただし、落ち方にはプラスの落ち方とマイナスの落ち方があるということを認識しておく必要があります。プラスの落ち方は、その度に力がつき、いずれ理想的な転職につながります。

例えばSさんは面接時に、その企業で自分が幸せに働けるかどうか確認する作業を行っていたそうです。やりたい仕事や求める環境・制度、貢献できることを採用担当者に素直に伝え、話し合う。その結果が不採用であっても、「この企業には転職する意味がない。別の企業を探そう」と切り替える。そして様々な企業を粘り強く受け続け、満足のいく転職に成功しました。

プラスの落ち方の重要ポイントは、自分が「希望すること」と、企業に対して「貢献できること」をしっかり伝えることです。そうすれば採用担当者からフィードバックが得られ、現実的にかなえられることなのか、企業の要望とのズレがないかが分かります。

それらを確認できて自分を出し切れた面接ならば、落ちてもガッカリする必要はありませんし、この学びを次の企業の面接時に生かすこともできます。むしろ、自分に合わない企業が1つ明確化したと喜びましょう。

転職活動の目的は、単に受かることではありません。自分の希望がかなう企業に出合えるかどうか、ということが大切なのです。

しかし、もちろん「自分にいたらない点がある」ことによるマイナスの落ち方もあります。その際大切なのは、原因をしっかりと自覚することです。

一番多いのは「準備不足落ち」。自己分析・企業研究不足で、説得力のある自己PRや志望理由の説明ができないまま面接に臨むケースです。アピールポイントを採用担当者に伝えることができないし、仕事にも準備不足の状態で臨むのではないかと懸念されます。

逆に、自己PRも志望理由も採用基準をクリアしているのに落ちることもあります。典型例は「キャラかぶり落ち」。要するに既に同じタイプの人物が採用されていて落とされるケースで、当人には落ちた理由が分からず、マイナス思考に陥る危険もあります。なお、このようなマイナスの落ち方には、ありがちな10パターンがあります。

さて、どんな落ち方をしても、原因を分析し教訓を得れば成功へとつながります。面接に落ちることで増していくあなたの面接失敗力。失敗は必ず成長へとつながります。面接失敗力をつけ、粘り強く受け続ければ、やがてあなたの理想に合う企業に受かるでしょう。落ちることを恐れず、伸び伸びと面接にチャレンジしてください。

失敗が成長へつながり、理想の企業に受かる力がつく

就転職・キャリアコンサルタント

坂本直文●さかもと・なおふみ

キャリアデザイン研究所代表。劇的就職塾主宰。大学講師。全国各地の大学にて年間200回以上講義。著書多数。近著に『就活ノート術』(日本実業出版社)、『人生のエントリーシート』(PHP研究所)。


今回の知恵が実際に生かせるテクニックをご紹介

“あなたも「マイナスの落ち方10パターン」に陥っていないか、次ページのチェックリストで確認してみましょう! それぞれのパターン別の解決策も紹介します。


5月9日(金)更新

朝日新聞とマイナビ転職が厳選した全求人一覧を見る
併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド