転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

転職時の自己分析のやり方とは? 簡単にできる自己分析シートの書き方を実例をもとに解説

転職活動での自己分析のやり方とは?のメインビジュアル画像

初めて転職活動に向けて一歩踏み出そうとした時、どのように準備をすれば良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。転職活動を成功させたいなら、まずは活動開始前に自己分析を始めてみましょう。

とはいえ、転職活動にあたっての自己分析は、新卒で就職活動をした時の自己分析とは種類が少し異なります。就活の際に自己分析を十分に行っていたとしても、それがそのまま転職活動で通用するとは限りません。

本記事では転職時と就活時の自己分析の違い、自己分析のメリットや注意点を紹介します。自己分析シートの書き方についても解説しますので、転職活動の準備について知りたい方だけでなく、転職すべきか迷っている方も、ぜひ参考にしてください。

<INDEX>

自己分析の目的と転職時、就活時の違い

就活時にしっかりと自己分析を行った方も、転職用の自己分析にあらためて取り組む必要があります。就活と転職における、自己分析の違いは以下のとおりです。

 就職活動転職活動
目的「仕事選びの軸」と「自分自身のこと」を明確にするため。「転職先を選ぶ軸」を明確にするため。
いつ
やるのか
いつからとは決まっていない。就職活動中に随時アップデートを行う。応募や書類作成の前。希望の転職時期があるなら逆算して始める。
やり方アルバイト・サークル・ゼミ・受験など主に学生時代のエピソードが中心。エピソードに対して深掘をしていくことで自分の“大切にしたい価値観”が見えてくる。自身の就業経験を5W1Hで書き出し、自分ができることをリストアップする。そこから“できること”を“強み”に変換していく。
志望動機
の作り方
自分の「仕事選びの軸」と、応募企業との接点を探して志望動機にまとめる。なぜその企業に引かれたのか、自身の強みをどう生かせるのかなどの理由を明記する。企業が求めている人物像とマッチした実績・強みをアピールする。また、自身の強みをどのように生かして応募企業に貢献していくかを明示しながら「なぜ当社なのか?」という採用担当者の疑問に答える。

就活時の自己分析

就活時の自己分析には、「自分の仕事選びの軸」と「自分自身のこと」を明確にするためという目的があります。自己分析の時期は特に決まっておらず、就活を続けるなかで徐々にアップデートを重ねていくイメージです。

自己分析で深掘りしていく内容としては、アルバイト・サークル・ゼミ・受験などが挙げられます。学生時代のエピソードについて分析しながら、自分の本当の価値観を探していきます。

「なぜ入社したいのか」「自分の強みをどう生かせるのか」「会社にどのような魅力を感じたのか」という点を自己分析で見つけて、志望動機としてまとめます。

自己分析の結果を志望動機としてまとめる際は、仕事選びの軸と応募企業に引かれた理由を関連付けて説明することが求められます。

転職時の自己分析

転職時の自己分析は、仕事選びの軸と自分の強みを明らかにするという点では就活時と共通しています。就活時との違いとしては、「就活と転職とでは採用側の視点がそもそも異なる」という点です。就活時はポテンシャル重視の採用が中心となる傾向がありますが、転職時は即戦力を求めているケースが多くなります。

転職時の自己分析では、就業経験のエピソードを深掘りし、「自身が会社にどれだけ貢献できるのか」「スキルを応募職種でどう生かせるのか」という点をアピールできるようなエピソードを整理することが重要です。

また、転職をする際に自己分析を行うタイミングとしては、転職活動の最初がおすすめです。実際に企業に応募したり、書類を作成する前にある程度自己分析を終えておくとスムーズだからです。

仮に、転職活動期間を3カ月程度と見積もるならば、希望転職時期の3カ月前には済ませておきましょう。

転職時の自己分析のメリット

転職時の自己分析のメリットイメージ画像

転職活動を本格的に始める前に、まずは自己分析をしっかりと行いましょう。

ここでは、転職時の自己分析にどのようなメリットがあるのかを解説します。

企業とのミスマッチを防げる

仕事の選び方として、「やりたい仕事」と「自分に向いている仕事」という2つの方法があります。しかし、「やりたい仕事」と「自分に向いている仕事」は必ずしもイコールではありません。

「やりたい仕事」であっても、実際に取り組んでみると「好きだけど得意ではない」「自分の性格には合わなかった」と感じることがあるかもしれません。また、「想像と違った」「会社の風土が合わない」など、理想と現実のギャップに戸惑う可能性もあります。

自己分析を十分に行うことで自分の強みが分かり、その強みを生かせそうな企業が見つかれば入社後のミスマッチは起きにくくなります。また、その強みを生かせそうな仕事も視野に入り選択肢が広がるでしょう。

「やりたい仕事」だけでなく、「自分の強みを生かせる仕事」を見つけることも大切です。いろいろな仕事を検討しながら、「やりたい仕事」「自分に向いている仕事」のちょうど良いバランスを探していきましょう。

自分の強みを採用担当者にアピールできる

自己分析をすることで、今までの仕事の振り返り、キャリアの棚卸しができます。自分の経験やスキルを思い起こすことで、志望動機・自己PR・職務経歴書の作成がスムーズに進むでしょう。

自分の強みを採用担当者に伝えるには、就業経験のエピソードを上手に使うことが大事です。自己分析で十分にエピソードを発掘しておくことで、自分の実績や強みを具体的に説明できるはずです。

転職するか悩んでいる人には方向性が見えてくる

転職活動が不安な時も、自分の向き不向きが分からず悩んでいる時も、自己分析を徹底的に行うことで、今までは見えていなかった自分の本質が見えてきます。自己分析の結果、不安の原因を客観的に把握できたり、逆に「今の仕事を続けたほうが良いかもしれない」「もう少し今のままで頑張ってみよう」という気持ちになることがあるかもしれません。

「転職をするために自己分析をしよう」というよりは、「自分にとっての答えを見つけるために自己分析をしよう」と意識してみてください。自分自身をいま一度見つめ直すことで、進むべき道が見えてくるでしょう。

まずは自己分析シートを作ろう【シートあり】

自己分析シートイメージ画像

自己分析の重要性を理解したところで、実際に自己分析シートを作成してみましょう。自己分析シート作成時のポイントとなるのは以下の3点です。

  • 5W1Hで自分の経験を書き出す
  • 5W1Hから更に深掘りをする
  • 深掘りした内容をもとにエピソードを作る

自己分析シートは下記のページから無料でダウンロードできるので、読み進める前にぜひこちらをダウンロードしてみてください。

≫【自己分析シートダウンロード(無料)】

5W1Hで自分の経験を書き出す

まずは自分の強みを見つけるために、5W1Hで過去の出来事を振り返ってみましょう。自己分析シートを使用する際は、会社や商品の名称、従業員数や仕事の納期といった数値についても具体的に記入します。

  • Where:どんな会社でしたか?
    業界、会社規模、従業員数、企業理念、創業の経緯、社風、会社の知名度など
  • What:何の商品・サービスを扱っていましたか?
    商品、サービス、価格、品質、競合他社との優位性など
  • Who:どんな人と関わりましたか?
    社内関係者、パートナー企業の担当者、お客さまの属性(法人・個人、年齢層)など
  • How:仕事はどのような進め方でしたか?
    お客さまへのアプローチ方法、具体的な仕事の進め方など
  • When:スケジュールはどれくらいの期間で進めましたか?
    スケジュール、納期、期間、実際のスピード感など
  • Why:会社(もしくは自分)は何のために何を目指していましたか?
    会社の目標、個人の目標など

5W1Hから更に深掘りをする

次に、自己分析シートから「自分のできること」を見つけていきましょう。「親しみやすさ」「忍耐力」「論理的」など、自己分析シートに書かれているキーワードの中から、自分に当てはまりそうなものをチェックしていきます。

直感でキーワードを選んだ後、そこから自分の強みを引き出していきましょう。キーワードをもとに、「求められていたこと」「身に付けたこと」「大切にしていたこと」「心掛けていたこと」「やりがい」「楽しかったこと」を箇条書きで書き出します。今まで忘れていたことでも、キーワードを眺めているうちに思い出せるかもしれません。

深掘りした内容をもとにエピソードをまとめる

先ほど箇条書きでまとめた内容を、今度は具体的なエピソードとしてまとめてみましょう。

自分の強みとして「○○力があります」とアピールするだけでは、面接官には伝わりにくいものです。「○○のために○○を改善した」「失敗した経験を生かして○○をして○○の成果を出した」など、エピソードと絡めて説明することで、説得力が一段と増します。

自己分析シートであらかじめキーワードやエピソードを整理しておくことで、漠然としていた「自分の強み」が明確になるでしょう。小さな強みを強力な武器にして、面接に臨むことが大切です。

自己分析をする際の注意点

自己分析をする際の注意点イメージ画像

転職時の自己分析は、転職の成功を左右する大切な役割を果たします。しかし、自己分析のやり方を間違えてしまうと、うまく転職活動に活用することができません。

ここでは、転職にあたっての自己分析を行う際に気を付けたいポイントを見ていきましょう。

具体性のない言葉は控える

自己分析では自身の特徴に真摯に向き合い、そこで得たものから志望動機や自己PRを作っていきます。作成の際に汎用的な言葉ばかりを使っていると、ほかの応募者との差別化ができなくなるため注意が必要です。

志望動機や自己PRでよく使われる言葉は、面接官としては「聞き慣れた言葉」かもしれません。そのため、自分なりのエピソードを加えて、言葉に説得力を持たせる必要があります。もしくは、以下のような表現をするように意識してみてください。

例)
キャリアアップのため→○○を目指しているため
協調性がある→コミュニケーション能力があり、他者との協力を円滑に行えます
責任感がある→一度引き受けた仕事は、最後までやり遂げます

マイナスな印象はプラスに言い換える

自己分析をした結果、自分の強みだけでなく、自分のマイナス点も見えてくるかもしれません。そのような時でも、視点をうまく切り替えることで対応できる場合があります。

自分のマイナスな印象が見えてきたら、いったんプラスの言葉に置き換えてみましょう。例えば、以下のような言い換えができます。

例)
優柔不断→柔軟性がある
飽き性→好奇心旺盛である
心配性→計画性がある
神経質→気配りができる
頑固→信念がある
我が強い→リーダーシップがある

表現をポジティブなものに変えることで、逆にアピールポイントにできる可能性があります。

自己分析シートをもとに志望動機を作ろう

自己分析シートをもとに志望動機を作ろうイメージ画像

自己分析シートを作成したら、そこから自分の言葉で志望動機を作っていきましょう。

志望動機の書き出し・締めくくりの書き方で分からないところがあれば、以下の記事を参考にしてください。

≫志望動機 書き出し・締めくくりの書き方とは?

自己分析をすることで自分の強みが見つかる

自己分析シートで自分の経験を掘り下げていくことで、自分の強みが見えてくるはずです。その強みと企業の求める人物像がマッチしていれば、面接時のアピールも円滑に行えるでしょう。

ただし「転職をどうしても成功させたい」という気持ちから、企業の求める人物像に合わせ過ぎるのは気を付けましょう。たとえ転職が成功したとしても、ミスマッチの状態では長続きはしないからです。

転職を何度も繰り返すと、「転職回数が多いのは何かあるのでは?」「採用しても長く続かないのでは?」という印象を応募企業に与えかねません。ミスマッチな転職を繰り返さないためにも自己分析をしっかり行い、転職に必要な「自分の強み」を見つけましょう。自己分析シートを上手に活用しながら、自分の強みを生かした志望動機を作成してみてください。

まとめ

自己分析の効果が表れるのは、自分の過去の経験を深く掘り下げて、自分の本当の強みを見つけ出した時です。その強みを更に分析することで、「やりたい仕事」だけでなく「自分に向いている仕事」にも目を向けられるようになります。

転職を迷っている方、不安な方も、まずは自己分析をしてみましょう。自己分析で自分自身をしっかり見つめ直しながら、志望動機や自己PR、職務経歴書の作成に取り組んでみてください。

マイナビ転職 編集部

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。