転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

朝日新聞×マイナビ転職 Heroes File

vol.118 女優 水川あさみ 理屈抜きの本気で臨む


クールな美しさとキュートな愛らしさを備えた水川あさみさん。
中学生の時に女優デビューし、以来、ドラマ、映画、CMと活躍しているが
30歳となった昨年から新たに舞台にも力を入れ始めている。
彼女にとって20代はどんな時期だったのか。そして30代となった今
どんなことを考えながら日々仕事に向かっているのだろう。

落ちた記憶しかないオーディション

切れ長の目と、涼やかなルックスが印象的。シリアスなものからコメディまでさまざまな作品に出演し、そのつど違った表情で私たちを楽しませてくれる女優・水川あさみさん。

小学生の時、ドラマ「家なき子」を観(み)て同年代の俳優の活躍に刺激された。「私もこういうことがしたい」と母親に相談し、13歳で知り合いの紹介で芸能事務所へ入ったという。

「実家のある大阪から東京まで通い、CMやドラマのオーディションを受けまくっていたのですが、落ちた記憶しかないほど不合格続きでした」

それが15歳の時、映画「劇場版 金田一少年の事件簿 上海魚人伝説」のオーディションに合格し、女優デビューを果たす。そして高校入学と同時に上京、本格的に活動を開始する。

「とはいえ、明確な目標があったわけではなく、ただ楽しいから続けているという感じだったので、常に葛藤はありました。このまま続けていってもいいのかな、でも現場が好きだから続けていきたいな、という二つの気持ちをいつも行ったり来たりしていましたね」

心の奥底で揺らぎながらも出演作が与えられることに感謝し、真摯(しんし)に向き合ってきた。だから仕事は順調で挫折という挫折も経験していない。しかし、それゆえに一体何を自分は目標にしていいのか分からなかった。何となく不安を抱えたまま、20代が過ぎていこうとしていた。

役との距離が縮まり演じる楽しさを実感

そんな水川さんの転機となったのが、NHK大河ドラマ「江 〜姫たちの戦国〜」だ。

「1年間、一人の人物の役を幼少期から実年齢を通り越すまで演じたのは初めてでした。役と向き合う時間が長かったのもあり、役と自分との距離が縮まった気がした。そのことが私には大きな出来事でした」

水川さんは初を演じた。その母親、市が自害するシーンの撮影では、リハーサルから涙が止まらず一日泣き続けたという。

「あふれてくる自分の感情が抑えられなくなってしまって。芝居をしていて、これほど深い悲しみを感じたことはなかった。同時にそういう感覚を味わえたことで、私の中の迷いが一気に吹っ切れ、それまで以上に演じることが楽しいと思うようになれたんです」

また、姉の茶々(淀)を演じた宮沢りえさんとの出会いも大きかったという。

「彼女が一言セリフを言うだけで、私は自然に涙があふれた。理屈抜きの本気がただそこに在るというすごさを目の当たりにし、これが芝居なんだと思いました。その瞬間、居ても立ってもいられなくなったというか、役者という仕事がとても愛(いと)おしく思え、もっと頑張りたくなったんです」


PROFILE

みずかわ・あさみ 1983年生まれ、大阪府出身。97年に女優デビューし、映画、ドラマ、CMなどで幅広く活躍。2014年秋公開予定の映画出演待機作に「太陽の坐る場所」「福福荘の福ちゃん」がある。また舞台「THE 39 STEPS」にも出演予定で、東京公演は10月23日(木)から天王洲銀河劇場にて。仙台、大阪、名古屋、福岡でも公演あり。


Heroes File 人気記事ランキング
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド