転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

会社の上司に年賀状って出すべき? 知っておきたい年賀状の基礎知識

タイトル画像

今どきの社会人は、会社の上司に年賀状を出すべきかどうか迷っている人が多いようです。ひと昔前であれば「年賀状を出すのは社会人の常識」という一言で済みましたが、今は個人情報の保護など、昔は考えなくても良かったことを考える必要も出てきました。

では、多くの社会人は上司への年賀状をどのように考えているのでしょうか? 上司に年賀状を出すべきなのか、出すならどのような点に注意をしたら良いのかを確認してみましょう。

<INDEX>

上司に年賀状を出す必要があるの?

上司に年賀状を出す必要があるかどうかの判断は、会社や個人の考え方によります。というのも、会社全体で虚礼廃止(心がこもっていない、意味のない儀礼をやめること)している場合もあるからです。

実際にアンケートで会社関係の人に年賀状を出すか出さないかについて尋ねてみても、意見がちょうど半々に分かれるといった状況です。

<出す派の意見>

  • 年に一度のあいさつがハガキ1枚で済むなら安いし、日ごろお世話になっているから
  • 自分だけが出さないと後で面倒だから
  • 律義さをアピールする絶好のチャンスだから
  • 結婚や子供が生まれたなどの近況報告にちょうど良いから

<出さない派の意見>

  • 個人情報が漏れるのが心配だから
  • 上司も返事を書くのが大変だと思うから
  • 上司からの返事が返ってくるころには会社で顔を合わせているからもったいない

どちらの言い分ももっともですが、上司は年賀状を出すのが当たり前の時代を生きてきた人たちです。虚礼廃止でない限り、社会人として「日ごろお世話になっている人に新年のあいさつをする」という意味で、上司に年賀状を送っておいたほうが無難ではあります。

会社や上司への年賀状の正しい書き方 〜文章構成編〜

年賀状は「謹賀新年」や「恭賀新年」などの賀詞か「謹んで新年のお慶びを申し上げます」のような新年を祝う言葉で書き始め、「昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます」といったお礼の言葉が続きます。

更に、「結婚して初めてのお正月です」「昨年、待望の女の子が我が家に誕生しました」のような近況報告などを入れ、「皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」といった先方の新年の繁栄や発展を祈る言葉や、「本年もご指導の程よろしくお願い申し上げます」といった新年も変わらぬお付き合いや支援をお願いする言葉で締めます。

そして、何年の年賀状かが分かるように「〇年元旦」と日付も入れます。差出人の住所や氏名を入れる時には、相手が返事を出す時に困らないように、郵便番号やマンションの部屋番号なども正しく書くようにしましょう。

会社や上司への年賀状の正しい書き方 〜表書き編〜

表書きでは文字の配置バランスと役職名の書き方が重要なポイントになります。最近ではパソコンで年賀状を作成して、あて名書きもプリンタ任せにしている人も少なくありませんが、書き方のポイントだけは押さえておくようにしましょう。

まず、上司に年賀状を書く際、自宅に送るならあて名は「〇〇様」で構いませんが、会社あてに送るのであれば、部署名と役職も入れる必要があります。役職名は名前の文字の大きさよりも少し小さく名前の上に書き、部署名は名前の右横に、住所や会社名よりも一段小さめの文字で書くようにします。

あて名が中央に来るように書くとキレイに見えるため、手書きするのであれば、まずは名前を中央に書いて、その後住所を書くようにするとバランスが取りやすくなります。

▼縦書きの場合

縦書きの場合

▼横書きの場合

横書きの場合

あて名と同じ面に差出人の名前を書かなければならない時には、住所は正確に書き、郵便番号もきちんと入れておくようにします。差出人名の文字が相手の名前の文字の大きさよりも大きくならないように注意しましょう。

会社や上司への年賀状の正しい書き方 〜よくある間違い編〜

せっかく上司に年賀状を書いても、書き方を間違えてしまっては元も子もありません。「常識のないやつだ」と失笑を買うだけですから注意が必要です。

例えば、よく間違えられるのが「新年明けましておめでとうございます」です。このように書く人が少なくありませんが、実はこの書き方だと意味が重複しています。正しくは「新年おめでとうございます」あるいは「明けましておめでとうございます」ですから注意しましょう。

また、賀詞についても上司に送る時にふさわしいのは「謹賀新年」や「恭賀新年」のような4文字のものだけで、「賀正」や「迎春」のような文字数の少ないものは簡略化したものとして失礼に当たります。

更に「1月1日元旦」というのは、これまた意味が重複している誤った書き方です。元旦自体に「1月1日の朝」という意味があるため、重複した表現にならないように気を付けてください。なお、元旦は先述のとおり1月1日の朝という意味ですから、2日以降に届けられる年賀状に関しては、「元旦」ではなく「正月」にしておきましょう。

上司に年賀状を出す時に特に気を付けるべきこととは

上司に年賀状を出す際は、去年のお礼と共に「今年の目標」について書いておくと、新年以降一緒に仕事をするうえでプラスになるでしょう。最近では表面も裏面もすべてパソコンで作成してプリントアウトする人が増えているため、ほかの人と違う一言が添えられていると印象に残ります。特に、一言を手書きで添えると、目に付きやすく、しっかり読んでもらえるでしょう。

また、年明けすぐに顔を合わす上司に年賀状を出す場合には、できるだけ元旦に年賀状が配達されるように12月25日までに投函しておくことがおすすめです。仕事が忙しいなか、ほかの人たちが2日以降に届くタイミングで出しているなら、なお更元旦に届くように出しておけば、まじめさや律義さをアピールできます。

上司に出す年賀状は、単に新年のあいさつをするためのハガキとして使うのではなく「自分を必要な部下として認めてもらうためにアピールするアイテム」として活用できるかもしれません。

スマホでサクッと作れる! 年賀状アプリをご紹介

年賀状は送りたいけれど仕事が忙しくて作っている暇がないという声はよく聞かれます。
それなら、スマホで空き時間を利用して年賀状を作ってみてはいかがでしょうか?

近年スマホアプリ利用者が増えているため、種類も増え、内容も充実してきました。無料アプリと有料アプリがありますが、無料アプリであってもデザインが豊富です。あて名印刷もでき、ハガキ代にプラスして投函代を支払えば、印刷から投函までしてもらえるサービスも利用できます。

ただし、【デザインした年賀状を手持ちのプリンタで印刷するタイプ】のアプリと、【作成したデザインで印刷の注文ができるタイプ】のアプリがあるため、どちらなのかを確認してからアプリを使用する必要があります。

また、プリンタメーカーのアプリの場合は、印刷できるプリンタがそれぞれのメーカーのものに限られる点にも要注意です。アプリはAndroid用とiPhone用があるものと、どちらか一方だけのものがありますが、Android用はGoogle Play、iPhone用はApp Storeで手に入る点はほかのアプリと同様です。

まとめ

上司に年賀状を出すかどうかは、会社ごとの慣例も確認して、個々の判断で決めることになりますが、年賀状を書ける状態であれば、出しておいて損をするようなことはないでしょう。書かなかったことで上司の機嫌を損ねることを考えたら、きちんと年賀状を出しておいたほうが無難です。

ただし、間違った書き方をしてしまうと、かえって上司にマイナスの印象を与えることにもなりかねません。上司への年賀状は、上手に生かすと「自己アピール」にも使えますから、ビジネス用の年賀状の書き方を覚えて、社会人として恥ずかしくない年賀状を出せるようにしましょう。

マイナビ転職 編集部

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。