転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

朝日新聞×マイナビ転職 Heroes File

vol.92 俳優 戸次重幸 マルチな経験が役者の筋力に


北海道で絶大な人気を誇る演劇ユニット「TEAM NACS」。
現在、5人のメンバーそれぞれが全国区で活躍しているが
中でも数多くの舞台や映画、ドラマに相次いで出演し
にわかに注目を浴びているのが戸次重幸さんだ。

憧れの俳優と共演できる喜び

キリッとした眉。爽やかな容姿だが、その奥から時折ちゃめっ気をのぞかせる。北海道発の演劇ユニット「TEAM NACS」の戸次重幸さん。最近は映画やドラマ、舞台などに数多く出演し、ソロ活動の幅を広げている。

2013年3月から始まる舞台「趣味の部屋」もその一つ。中井貴一さんが企画・主演するサスペンスコメディーで、脚本がドラマ「相棒」「リーガル・ハイ」の古沢良太さん、演出が映画監督の行定勲さんという話題作だ。

「まさに最強の布陣。出させてもらえるだけで光栄です」

全く人見知りしない性格で、どの現場でも、先輩方であっても積極的に話し掛けるそうだ。

「その方が得るものも多いし、そうやって新しく人間関係を築いていく行程が好きなんです。今回は初対面の方ばかりなので一層楽しみです」

イッセー尾形さんの一人芝居で決意

役者になると決めたのは大学浪人時代。小学生の頃から建築士になるのが夢だったが、ある時「あれ、なぜ建築士になりたいんだっけ?」とふと我に返ったのだという。

「よく考えたら、それは親が僕に目指してほしかった職業だったわけです。これは刷り込みだと気づき、じゃあ自分は何がやりたいんだろうと考えていた矢先、偶然観(み)たのがイッセー尾形さんの一人芝居でした。体一つで観客を釘づけにしている姿を見て感動し、これだ! と。一応、大学の工学部へ進学するのですが、その時にはもう役者になると決めていましたね」

大学では迷わず演劇研究会へ入る。そこで大泉洋さん、安田顕さんらと出会い、やがてNACSを結成することになる。NACSは1996年の初公演以降、回を重ねるごとに飛躍的に動員数を伸ばし、北海道の演劇シーンを牽引(けんいん)するほどの存在へと成長していった。2004年には初の東京公演を開催。今やその人気は全国規模となり、公演チケットは7万枚が即日完売するほど。

「大学を出て、NACSの公演活動を続けながら、僕を含め、メンバーは道内でタレント活動も開始。地元のテレビやラジオなどに出演させてもらうようになりました」

当時、事務所から「マルチであれ」と言われたそうだ。

「北海道ではほとんどドラマは作れない。役者で食える土地ではないんです。パーソナリティー、お笑い芸人、歌手、脚本家など何でもできなければやっていけないと。だから本当にバカなことでも何でもやりました」。しかしその経験が、役者としての基礎体力、筋力になっていると戸次さんは確信している。


PROFILE

とつぎ・しげゆき 1973年北海道生まれ。北海道の演劇ユニット「TEAM NACS」に所属。2005年「1リットルの涙」で連続ドラマ初出演。以後、ドラマ、映画でも多数活躍。舞台では脚本・演出も手掛ける。13年3月22日(金)からはパルコ劇場40周年記念公演「趣味の部屋」(脚本:古沢良太、演出:行定勲)に出演予定(地方公演もあり)。


Heroes File 人気記事ランキング
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド