転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

受かる! 自己PRの書き方、伝え方受かる! 自己PRの書き方、伝え方転職 就職 両対応

就職活動の時とは異なり、転職では「職務に関連した強みをアピール」が必要になります。自己PRでは「何をやってきたか」「何ができるか」「今後どう(貢献)していきたいか」という3点をしっかり盛り込むことが必要です。応募企業が「どんな人材を求めているのか」をきちんと把握した上で、応募先ごとに自己PRを作成しましょう。

〈経験業務が多岐にわたる場合〉「実績」や「評価されたこと」を重点的にアピールする

経験業務が多い場合、アピールポイントの記載はやってきたことの羅列ではなく、その理由や経緯にも触れて強みを強調しよう。「なぜこの時この仕事をやったのか」「この仕事を達成するためにどんなことを考えて行動したか」など、自分の起こした行動理由を客観的に見つめ直すと、行動特性が見えてくるだろう。

これまでを振り返り、実績や他人から評価されたこと、仕事を通して得られたことなどを洗い出し、アピールポイント(強み)として項目立てて打ち出すと効果的だ。

チェックポイント
  • 「実績」「評価されたこと」を項目立てる

  • 事実の羅列ではなく、理由や経緯も説明する

  • 自分の起こした行動理由を見つめ直す

自己PRサンプル 【希望職種】インターネット・WEBデザイン

自己PR 出向がメインだったので、環境への順応性には自信があります。出向先の社員とコミュニュケーションを取り、出向スタッフでは知ることの難しい現場の実情や、仕事の詳細を知ることができました。例えば、現場で作業員から部長への伝達がうまく取れていないと聞き、改善プログラムの企画を立案し、出向先の担当部長に直接プレゼンテーションを行い、導入が決定。新しいプロジェクトの仕事を得られました。そのプログラムは社内表彰され、現在も出向先で使用されています。

<状況判断能力>
前述のプログラムも、最も意思決定が早いと判断した部長に直接プレゼンテーションしたことで結果を出すことができました。目的達成のために最適な手順を判断した結果です。

<向上心>
Flashを独学で勉強しました。さまざまな業務を通じて、現場で求められているのは、機能性と操作性が高いシステムだと感じ、検証したところ、それはFlashでも実現可能だと判明しました。そこで、自社の上司や役員へFlashによる開発を提案し、仕事として認めてもらいました。現在、特許申請準備中です。

<興味を仕事に変えていく>
独学によるFlash、CG、サウンド作成の知識と技術を、Webページデザインや営業用配布ムービー作成などのビジネスにつなげ、評価していただきました。仕事を楽しみながら知識を得、実績を出すことに大きな喜びを感じています。

備考
〇〇大学通信教育部経済学部に平成〇年に入学。学校の勉強よりも業務現場での実践のほうが自分の勉強になると感じ、平成〇年に中退しました。

適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


1分で分かる! あなたの強み「社会人力診断」
メカラボ
土地柄タイプ診断
職務経歴書・履歴書テンプレのダウンロード
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ