転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

キャリアパスとは? 転職活動においてキャリアパスを考える重要性について解説

キャリアパスとは?のメインビジュアル画像

「キャリアパス」とは、英語の「Career(職歴)」と「Path(道)」を組み合わせた言葉で、“仕事における道筋”を意味します。

主に、企業が従業員に対して提示するもので、あるポジションに就くために必要となるスキルや、昇進・昇給の基準などを明確にしたものです。従業員はキャリアパスを考えることで、より将来の生活設計が立てやすくなります。上司との面談の中で、また会社制度の一つとして聞いたことがある人もいるでしょう。

どの程度の能力でどのポジションに就けるかを見極めるためにも、キャリアパスは転職活動を行ううえで重要なキーワードです。本記事では、企業がキャリアパスを重視する理由や、キャリアパスと似た言葉であるキャリアプランとキャリアデザインの違い、キャリアパスとキャリアプランでギャップがあった時に確認しておきたいことを解説します。

<INDEX>

企業がキャリアパスを重要視する理由

企業がキャリアパスを重要視する理由イメージ画像

終身雇用制度が当たり前ではなくなった近年、働く人たちが、「長く働けば必ず昇進できるとは限らない」と感じ、転職を含めたキャリアアップ、キャリアチェンジを選択肢として持つ人が増えています。そのため自らキャリアプランを考え実践していく必要があります。

だからこそ、企業側はキャリアパスを明確にすることで従業員のモチベーションアップにつなげ、適切な人材育成を促し、離職を防ぐことが重要と捉えています。

また、企業としては、人材を採用する際に、キャリアパスを提示しておくことで、より自社に適している人材を確保しやすくなります。人選のミスマッチを防げることも企業がキャリアパスを重要視する理由の一つです。

キャリアパスとキャリアプラン・キャリアデザインの違い

キャリアパスとキャリアプラン・キャリアデザインの違いイメージ画像

キャリアパスと似ている言葉に、「キャリアプラン」「キャリアデザイン」があります。混同しやすい言葉のため、それぞれの違いについて見ていきましょう。

「キャリアプラン」は将来の自分の仕事や立場を決めるための計画

キャリアパスを考えるうえで、どんな目標やゴールを定めるのかといったキャリアプランが重要になります。キャリアプランとは、自分が将来どのような立場・仕事に就くか計画を立てることです。企業が従業員に提示するキャリアパスとは異なります。

例えば、今の会社に生涯勤める予定の人は、どのようなポジションで将来働きたいかをイメージし、達成するために必要な実績・スキルを分析して達成までの計画を立てるでしょう。一方で転職や起業を視野に入れている人も、達成するために必要な行動を計画するはずです。この2つは、どちらもその人にとっての「キャリアプラン」と言えます。

「キャリアデザイン」は仕事以外も含めた生き方を設計すること

キャリアデザインとは、仕事だけでなく、結婚・出産・子育てや、転居・住宅の購入など、ライフイベントを含めた人生設計を立てることです。

キャリアデザインを考える際は、就きたい仕事や働き方を考えるだけでなく、プライベートの理想も含め、自分自身についてより深掘りする必要があります。

キャリアパスとキャリアプランにギャップがある時は?

キャリアパスとキャリアプランにギャップがある時は?イメージ画像

自分の決めたキャリアプランと、企業が掲げるキャリアパスを比べた時、ギャップがあることもあります。

ここでは、キャリアパスとキャリアプランにギャップがあるかどうかを確認する方法、ギャップがあった場合にどうすべきかについて解説します。

まずは働いている会社のキャリアパスを確認する

キャリアプランを実現するためにはキャリアパスが重要です。現在働いている会社のキャリアパスが不明確な時は、面談などで上司に質問をしてみましょう。キャリアパスを会社がどのように・どこまで考えているかを知るだけでなく、キャリアパスの条件を満たしていてもポジションに空きがないケースもあるので、自身が描くキャリアプランを達成できる環境があるか確認するために大切なことです。

キャリアパスを提示された際は、「提示されたキャリアパスの中で、今の自分はどの位置にいるのか」「目標とするポジションに昇進するために、今の自分に何が足りないのか」という点を確認しましょう。これらを確認することで、得るべきスキルや知識を把握することができ、目標を立てやすくなります。

キャリアパスとキャリアプランにギャップがある、または会社にキャリアパスがない場合は?

会社が提示するキャリアパスがしっくりこない、または会社にキャリアパスがない場合にまずやるべきことは、今までやってきた仕事の中で「どのような仕事にやりがいを感じたか」「どのような仕事が面白いと感じたか」を具体的に振り返ることです。

例えば営業職の場合、営業の成果を出したことで会社から評価されたことにやりがいを感じたのか、新しい提案をしてお客さまから褒められたことにやりがいを感じたのか。

そのやりがいや面白いと感じたことに対して「なぜ」を繰り返してみることで、自分が将来どのようになりたいのか深掘をすることができます。

もし、新しい提案をしてお客さまから褒められたことにやりがいを感じる場合は、自分がやりたい仕事は「営業職」ではなく「企画職」なのかもしれません。

深掘りした結果、キャリアパスとキャリアプランにギャップが見つかった場合は、上司の面談で「顧客開拓よりも企画提案に力を入れたい」「いずれは企画職に携わりたい」と相談してみましょう。

相談をすることで、「それならばこういう業務を任せたい」「異動をかなえるためには、こんなスキルや実績が必要」と提案されるかもしれません。それらをもとに目標を立て、達成するための具体的な計画を立ててみてください。

もし、話し合ったうえで「自分が望むキャリアにたどり着けそうにない」と思ったら、転職や独立も視野に入れてみるのもいいでしょう。

キャリアプランは定期的な見直しが大切

会社に明確なキャリアパスがあったとしても、自身のキャリアプランは定期的な見直しが必要です。仕事の経験を積み、さまざまなスキルや知見を手にすることで、自分が目指したいと思うポジションや職務が変わったり、仕事に対する考え方やモチベーションが変わる可能性があるからです。

また、結婚・出産・子育て・引っ越しといった環境の変化により、自分のキャリアプランが変わってくることもあるでしょう。1年に1回など定期的にキャリアプランの見直しをすることで、今の自分がやりがいを感じる仕事が何かを再確認することができます。

キャリアプランの立て方については、以下のページを参考にしてください。

≫転職Q&A:「キャリアの棚卸し」って何ですか?
≫【例文あり】キャリアプランの立て方、面接での答え方とは? これからは専門性とプランの柔軟な修正が大切!

転職する際はキャリアパスとキャリアプランのギャップに注意!

転職する際はキャリアパスとキャリアプランのギャップに注意!イメージ画像

キャリアパスは転職する際にも重視したいポイントです。もしキャリアパスとキャリアプランのギャップに悩んで転職をした場合、同じような悩みを抱えることになりかねません。気になる求人が見つかった場合は、企業が提示するキャリアパスもよく確認しましょう。転職で収入がダウンする場合でもキャリアパスが明確で昇給、昇格が期待できれば、転職後実績を伸ばしていくのも選択肢の一つかもしれません。初任給だけで判断しないことも大切です。

もし、面接時にキャリアプランについて質問をされた際は、企業のキャリアパスを確認するチャンスです。応募企業で実現したいキャリアプランについて説明しつつ、キャリアパスはあるか、どんなものがあるかを確認してみましょう。

そのためにも、自分のキャリアプランは、転職活動を始める時に明確にしておく必要があります。

まとめ

企業が提示するキャリアパスは、理想とするキャリアプランを実現するうえで重要な道筋になります。自身に合ったキャリアパスであるかを確認するためには、まず自身のキャリアプランを明確にすることが重要です。もし、会社に明確なキャリアパスがない場合でも、キャリアプランを元に上司に面談などで相談してみることで、達成するための具体的な計画が立つこともあります。

また目指すキャリアや望む働き方は変化することもあるため、定期的なキャリアプランの見直しも大切です。そのうえで現在勤めている会社のキャリアパスと自身のキャリアプランにギャップはないか、見直す習慣をつけると良いでしょう。

もし、今の環境で理想のキャリアの実現が難しいのであれば転職を視野に入れるのも一つの選択肢です。

監修者

谷所健一郎(やどころけんいちろう)

有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメントアドバイザー(CDA)。1万人以上の面接と人事に携わった経験から、執筆、講演活動にて就職・転職支援を行う。ヤドケン転職塾 、キャリアドメインマリッジを経営。主な著書「はじめての転職ガイド 必ず成功する転職」(マイナビ出版)、「転職者のための職務経歴書・履歴書・添え状の書き方」(マイナビ出版)、「転職者のための面接回答例(マイナビ出版)」ほか多数。

マイナビ転職 編集部

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。