転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

最終面接(社長・役員面接)で「逆質問をしない」のはNG?【質問例8選&NG質問3選あり】

最終面接のイメージ画像1

最終面接(社長・役員面接)で面接官から「何か質問はありますか?」と尋ねられる、いわゆる「逆質問」の時、質問がなければ無理にひねり出す必要はありません。

ただし、最終面接は、社長や役員と話せる貴重な機会。入社後を見据えるならなおさら、実際に働くイメージをつかんでおくために、質問をしておくといい内容があります。この記事では面接対策の視点も絡めながら、最終面接の逆質問で聞くべきこと、注意すべきことを解説します。

最終面接での逆質問を考える前に知っておくべきこと

最終面接のイメージ画像2

最終面接での逆質問を考えるにあたって、まずは、一次面接や二次面接との違い、最終面接の特性をしっかりと押さえておきましょう。

最終面接の目的を知る

転職の選考は、「一次面接→二次面接→最終面接」のような流れで面接が進んでいくのが一般的。しかし一次・二次面接と最終面接とでは、そもそも面接の目的が大きく異なることをご存じでしょうか。

一次・二次面接では実務能力や、既存の社員とうまくやっていけそうかの見極めを主目的としていることが多く、「その人物が自社でどのように活躍できるのか」「自社が求める能力を持っているのか」という点を確認されます。

そして、条件を満たした応募者のみに行う最終面接では、その企業の社長・役員・事業責任者などから「会社のビジョン・方向性に合っているか」「社風に合っているか」をチェックされます。ですから、一次・二次とは面接の目的が違うことを理解したうえで、それぞれに合わせた対策をする必要があるのです。

一次・二次と最終面接(社長・役員)の違い

一次・二次と最終面接とでは、担当する面接官も異なります。一次・二次では現場の責任者や人事が面接を行い、最終面接では役員や社長が対応するケースが多いようです。

面接官の立場が異なると、逆質問として適している内容も異なります。例えば、役員や社長に対して、配属予定の部署で使用している業務ツールや具体的な仕事の進め方などを尋ねても、答えるのは難しいかもしれません。「面接官がどのような立場の人なのか」という点も踏まえて、質問内容を考える必要があるでしょう。

ただし注意しておきたいのは、会社によっては、面接がそもそも1回、2回のみのケースがあること。その場合、最初の面接でいきなり、役員や社長が対応することもあります。その場合は、面接を担当する相手に合わせて、適宜質問内容を変えると良いでしょう。

最終面接での逆質問は何のためにある?

最終面接の特性を踏まえて、最終面接での逆質問の時間はどのような場と捉えればいいのでしょうか。あらためて逆質問について確認してみましょう。

最終面接での逆質問はあくまで疑問解消の場

最終面接での逆質問は、面接選考において、応募者から企業や求人に対する疑問を解決できる最後の機会。面接官のなかには、入社意欲や志望度を見極めている人もいるかもしれませんが、あくまで前提は、「疑問解消の場」です。

質問する内容によって結果的に面接官が入社意欲の高さや、仕事への姿勢に好感を持つこともあるかもしれませんが、アピールしたいばかりに質問を重ね、面接官に「それを聞いてどうするの?」と不審に思われては元も子もありません。

最終面接での逆質問の対策で大事なのは、「加点をもらう」よりも「マイナスの印象を与えないように気を付ける」ことと言えるでしょう。

逆質問は無理にしなくてもOK

面接官から「何か質問はありますか?」と問われた時に、質問が何も思い浮かばないこともあるでしょう。前々から逆質問の準備をしていたとしても、面接中の会話のなかで疑問がすべて解消されるケースもあります。

逆質問をしないことで、「入社意欲がないように見えるかも」「印象が悪くなるかも」と心配になる方も少なくありません。しかし、無理やりひねり出した質問は面接官に伝わってしまいますし、会社のホームページを見れば分かるようなことを尋ねるのも、リサーチ不足と思われるので逆効果。聞くことがない場合は、以下のような形でまとめると良いでしょう。

【逆質問がない時の返答例】

これまでに詳しくご説明いただきましたので、質問はございません。いろいろとお話をお聞きして、入社したいという気持ちが更に強くなりました。よろしくお願いいたします。

逆質問は時間オーバーに注意!

質問の機会が与えられたからといって、時間を考慮せずに質問を続けてしまうのは要注意。面接官を担当している社長・役員は多忙であるケースが多く、話をコンパクトにまとめるのも、大事なビジネススキルです。

一般的に最終面接は30分前後で行われることが多いようですので、それまでにかかった時間も考えながら、大幅に長引くことがないように質問しましょう。事前に準備する際に、どうしても解消しておきたい疑問と時間があったらで構わない疑問というように、優先順位を付けておくと安心です。

逆質問の時間がない=落ちたわけではない

場合によっては、最終面接で逆質問の時間を設けられず、面接が終わってしまうこともあるかもしれません。そのような場合、「逆質問の時間がない=落ちた」と不安になる人もいるでしょう。

しかし、合否にかかわらず「時間がなかった」「ただ聞き忘れた」など、さまざまな理由が考えられますので、合否結果が出るまでは、落ち込む必要はありません。逆質問の時間がなく、入社前に解消しておきたい疑問点が残っている場合は、面接修了後、人事担当者と今後の段取りを確認するタイミングがあれば、そこで確認してみる方法もあります。

話せる状況であるなら、「実際の勤務についてお伺いしたいことがあるのですが、今お聞きしてもよろしいですか?」と切り出してみましょう。もし質問ができる状況ではないなら、お礼メールを兼ねて質問するのも一案です。どうしても口頭で質問したい場合は、人事担当者に「お電話でお時間をいただくことは可能でしょうか?」と確認すると良いでしょう。

逆質問で経営の方針などを聞くのは失礼?

逆質問をする際には、調べれば分かるような質問は避けたほうが良いでしょう。採用ページや会社のホームページに記載されている内容を質問すると、「リサーチが不十分だ」「入社意欲がない」と判断されるかもしれません。

そのうえで、経営方針や今後の事業展開に関しての質問は、応募者は社員ではないので、質問されても話せる範囲に限度はあります。しかし、社員やコミュニケーションを大事にする会社では応募者に言える範囲で教えてくれるケースも。また、回答や質問に対する応対から、ある程度社風を読み取ることもできます。

一歩踏み込んだ質問をした時に、面接官が不機嫌になる、緊張感が走り気まずい空気になるようであれば、入社後も、そのような社風のなかで働くことを覚悟しておかなくてはなりません。会社の方針やビジョンを社員と共有する会社なのか、上層部と社員に距離がある会社なのか、逆質問の反応から見極めてみましょう。

最終面接で聞いておくといい逆質問の例

最終面接のイメージ画像3

ここでは、最終面接に適した逆質問の例を紹介します。「なぜその質問をするのか」「どのように尋ねれば失礼ではないか」といった点も含めて解説しますので、ぜひチェックしてみてください。

会社の理念に関する質問

【質問例】
  • 御社の理念には〇〇とありますが、この理念を感じるエピソードや、日ごろの様子などはありますか?
  • ○○事業について□□という目標が掲げられていますが、具体的にどのような取り組みが行われているのか、差し支えない範囲でお聞かせください。
  • 御社の理念は○○ですが、この理念を反映するために今後注力していこうとお考えのサービスはありますか?

「会社の理念」は、会社全体の方針を示していると言えます。そのため、この理念に同意できない場合は、入社後も違和感を抱いたまま働くことになるでしょう。

社員と企業の目指している方向が一致していなければ、高いパフォーマンスや成長を得にくくなります。会社の理念についてしっかりと理解したうえで、面接官の考えを聞いてみる、というスタンスが望ましいでしょう。

会社との相性に関する質問

【質問例】
  • 御社で活躍している社員に対して、何を大切にしながら働いてほしいと考えていますか?
  • 入社にあたって意識しておきたいポイント、注意すべきポイントなどあれば、△△さま(面接官)のお考えを教えていただきたいです。

社員に求めるスタンス、共通価値観について面接時に確認しておくことで、入社後の意識のズレが少なくなります。その会社で働くことが自分にとってベストなのか、会社で生き生きと働いているイメージが湧くのか。得られた回答から、考えてみてくださいね。

面接中に生まれた疑問に関する質問

【質問例】
  • 先ほど面接中に○○とお聞きしましたが、具体的にどのような業務内容、成果を求められるのか、詳細をお伺いできますか?
  • 先ほど話題に出た○○業務についてですが、入社後の成果次第で挑戦することは可能でしょうか?
  • 先ほど○○業務についてお聞きしましたが、関連して取得しておくべき資格などはありますか?

面接中に気になる疑問、詳しく知りたい内容があれば、逆質問のタイミングで聞いてみると良いでしょう。

これはNGかも? 最終面接で気を付けるべき逆質問の例

逆質問の内容によっては、それまでのプラス評価が一転してマイナスになってしまうことがあります。ここでは、最終面接で注意すべきNG例について見ていきましょう。

待遇・福利厚生に関する質問

転職にあたって多くの方が気にするのが、待遇・福利厚生について。入社の決め手にもなり得る大事なポイントですが、最終面接の場で尋ねるべき内容かどうかは慎重に判断を。

仕事内容については触れず、待遇面ばかり質問していると、待遇目的で入社するのではと思われてしまいかねません。また、面接官が社長や役員だけで人事が同席していない場合、応募者の配属先部門の昇給システムや給与額、評価制度については、答えられない可能性もあります。

理想は、一次面接、二次面接の段階で不明点を解消しておくことですが、残りのフェーズが最終面接しかない場合は、内定通知が出てから人事に尋ね、入社を判断するという方法もあります。もし面接中に尋ねる場合は、尋ね方について工夫を。ストレートに聞くのではなく、自身の努力や覚悟を前提にした言い回しで聞くだけで、だいぶ印象が変わるものです。

【NG質問例】
  • 残業は月にどれくらいありますか?
  • 早く仕事に慣れ、皆さんと同じだけの働きをできるよう、努力していきたいと思っています。出社時間・退社時間・休日出社はどのくらいと心積もりをしておけば良いでしょうか?
  • ボーナスの金額はいくらですか?
  • 私と同年代、同スキルの方の年収は、いくらぐらいになりますでしょうか?
  • 年収を聞き、求人票に記載されている月給を差し引くと、ボーナス額を推測できます。

ただし、最終面接は貴重な機会であることを忘れてはいけません。入社後においても、社長や役員と直接話せる機会は多くはないであろうことを考えると、後から人事に確認すれば済む待遇や福利厚生の話をあえて最終面接の場で質問するメリットは薄いように思えます。TPOを考えると、待遇や福利厚生の質問は最小限に抑えるのが望ましいでしょう。

会社に依存するようなイメージのある質問

真面目さをアピールするつもりで逆効果になりがちなのが、研修や教育制度に関する質問。転職の場合は即戦力を求められることが多いため、「会社に育ててもらう」受け身の姿勢は歓迎されません。会社に依存する印象にならないように、質問の仕方を考える必要があるでしょう。

【NG質問例】
  • 研修制度はありますか?
  • 一日も早く、戦力として貢献したいと考えています。入社から配属までは、どのような流れになりますでしょうか?

異業種(異職種)からの転職であっても、「今までどのような経験をしてきたのか」「前職までの経験を今後どのように生かせるのか」を説明し、売り込むのが面接。自信のなさをうかがわせるような質問は避けたほうが無難。どうしても気になるようなら、「○○の資格を前職で取得しましたが、更にスキルアップを目指したく、御社では資格取得制度、研修制度などはありますか?」のように、努力の実績をベースにする聞き方もおすすめです。

逆質問の正しい終わり方・締め方

質問に回答をもらい、もうほかの質問がない時や、面接官が時間を気にしているそぶりを見せている時は、「私からの質問は以上になります。お話しいただき、ありがとうございました。ますます入社の意欲が高まりました。もしご縁がありましたら、ぜひよろしくお願いいたします」と伝えます。

なお、逆質問が終わっても、面接が終わって会社を出るまでは気を抜かずに。面接官の印象に残るのは「最後の姿」です。最後までコミュニケーションを丁寧に、礼儀正しく、これまでの受け答えを無駄にしないよう、努めてくださいね。

まとめ

最終面接での逆質問で気を付けるべきポイントをいくつか説明してきましたが、大切なのは、最終面接と一次・二次面接の違いを考慮し、事前に質問内容を整理しておくこと、NGな質問内容について理解しておくことです。

しっかりと対策を行い、自信を持って最終面接に臨みましょう。

≪最終面接対策はこちらもチェック≫

≪ 超・初心者向け面接対策ガイドトップに戻る

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。