応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の
秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

面接対策ガイドのビジュアル画像

どう答えるのがベスト? 面接で「気になる最近のニュースは?」と聞かれた時の答え方と回答例

掲載日:2023/09/22

面接で「気になる最近のニュースは?」と聞かれた時の答え方と回答例

転職の面接で聞かれる「気になる最近のニュースは?」。世間話のような質問ですが、深い意図がない質問だと思って気軽に答えるのはNG。企業が何のためにこの質問をするのか、話すニュースの選び方、正しい答え方などを紹介します。

企業はどうして面接で「気になっている最近のニュース」を聞くの?

企業が面接で転職者に気になる最近のニュースを聞く場合、「情報収集力」「社会問題に対する意識」「考え方や価値観」「自分の意見を伝える力」などをチェックしている可能性が大きいです。

情報収集力を測るため

転職面接で気になる最近のニュースを聞かれる理由の一つに、転職者に情報収集力があるかどうかをチェックするという意図があります。

情報収集力は、適切な情報を素早く収集・精査できる能力のことで、面接官は転職者が、多くの情報の中から目的に合った情報を集め、真偽や確実性を考慮し、取捨選択ができる人材か、ということを見ています。

情報収集の能力が高い人は、有益性の高い情報を素早く見極めることができるため、効率的に知識をインプットでき、仕事の作業スピードや質が上がりやすくなります。

膨大な情報があふれる現代において、ますます重要視されるスキルと言えるでしょう。

社会問題に対する意識を確認するため

転職の面接で気になる最近のニュースを聞かれた際、答えられるかどうかは、日常的に社会に目を向け問題意識を持っているかに左右されます。そのことから、面接官は転職者に対して、環境や労働、教育など身近な社会問題に対する情報感度や当事者意識の高さを測っています。

転職して日々業務を行う会社も言ってみれば「小さな社会」です。その社会で起きる問題に対して、ひとごとではなく自分事として向き合える人材なのか。

日常生活や仕事に深い関わりのある社会問題に対して、興味・関心を持ち、自分なりの考えが伝えられることで社会性があると判断され、入社後も協調性を持って活躍してくれそうという印象を与えられるでしょう。

転職者の考え方や価値観を知るため

転職の面接で気になる最近のニュースを聞くことで、面接官は転職者の考え方や価値観を知ろうとしています。

転職者がどんなことに興味を持っていて、どんなニュースを選ぶのか、選んだ理由やニュースに対してどんな問題意識や意見を持ったのかなど、ニュースの話題を通して転職者の人となりを確認する意図があります。

転職者の考え方や価値観、人柄が自社の社風に合っているか、社員とのマッチングはどうかを確認しているケースもあるでしょう。

自分の意見を伝える力があるかを見るため

面接官は、気になる最近のニュースを聞くことで、転職者に自分の意見を伝える能力があるかも確認しています。

面接官は転職者と世間話がしたいわけではありませんので、「最近はこれが気になっていて〜」という内容に終始するのはNG。

取り上げたニュースに対して、何が問題でどういった意見や解決策を考えたのかを一般論ではなく自分の言葉で伝えることが必要です。

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

概要だけはNG! 面接で最近のニュースを聞かれたら必ず「自分の意見」を交えて答える

先にも触れましたが、面接で気になる最近のニュースを聞かれた際、「こんなニュースに興味を持ちました」と概要だけ答えるのはNGです。

面接官は、最近どんなニュースがあるのかといったはやりやトレンドが知りたくて聞いているわけではありません。

気になるニュースを質問することで、転職者がニュースの内容から物事の本質や問題点を正しく理解し、自分の考えや意見を持ったうえで、具体的な解決策まで落とし込むことができる人物なのかということをチェックしています。

日ごろ何気なく目にしているニュースですが、それに対して即座に自分の考えや意見を述べるということは簡単ではありません。

転職の面接で最近の気になるニュースをスムーズに答えるためには、普段から積極的に情報収集を行い、情報をかみ砕き、物事に対して問題意識や自分の意見を持つことを習慣化することが必要。情報収集というインプットで終わらず、自分の考えや意見を書いたり伝えたりするアウトプットまで落とし込むことが重要です。

面接でニュースを通して自分の意見をしっかり伝えることができれば、仕事上で課題や問題が発生した際、何が問題なのかを棚卸しし、具体的な解決案を提案できる人材であるという好印象を与えることができるでしょう。

面接で話す「最近のニュース」はどんな内容を選べば良い?

面接で話す「最近のニュース」について考えているビジネスパーソンのイメージ画像

転職面接で聞かれる気になる最近のニュースは、自分の意見を交えて回答することが大切とお伝えしました。そのためには、どんなニュースを選ぶかということも重要です。一つずつポイントを見ていきましょう。

自分の意見を話すことができるニュースか

転職の面接で回答する最近のニュースの選び方でもっとも大切なのは、自分の意見を交えて話すことができるニュースかどうかということです。

転職の面接ということで好印象を残そうと、つい賢く見えそうな難しいニュースなどを選んでしまいがちですが、そのニュースの内容や本質を理解ししっかり自分の考えを述べられなければ、マイナスの印象になってしまうことも。

無理に難しい題材を選ばず、自分の興味があり得意とする分野のニュースを選び、適切に理解し自分の意見を伝えることを最重視しましょう。

志望企業や仕事内容に関連のあるビジネスニュースだとベスト

転職の面接で選ぶニュースとしては、ビジネス関連のニュースがベター。

就職活動の面接では、就労経験が浅いため、より幅広い内容の社会情勢などでもOKですが、転職の場合は、転職先企業や業界にまつわるビジネスニュースを選ぶことで仕事への意欲や情報感度を直接的にアピールすることができます。かつ、TPOに合わせた話題を話せるというコミュニケーション能力のアピールにも。

志望業界のビジネスニュースを選ぶことで、自分が培ってきたこれまでの仕事の知識や経験なども話に織り交ぜやすく、オリジナリティが出せるでしょう。

旬なニュースか

面接で気になるニュースを回答する場合は、旬のニュースかということにも気を付けましょう。

最近のニュースを取り上げることで、世界経済や社会情勢などへの感度が高く情報収集力があると評価されます。

といっても、面接当日やその週に起きたことでなければいけないわけではありません。できれば、直近1〜3カ月など数カ月以内の出来事だと時事性があり良いでしょう。

その際、関連する分野の動向などこれまでの流れを簡単な時系列的に話せると、以前から関心があることをアピールできます。

反対に、数年前の古いニュースを選んでしまうと、「最新の情報に興味がなく情報感度が低い?」「時代のスピードについていけてない?」などネガティブな印象を与えてしまうことも。なるべく新しいニュースを選ぶようにしましょう。

信頼できる情報源からのニュースか

情報があふれかえる現代では、選ぶ情報の信ぴょう性というのも重要なポイントになります。面接で答えるニュースは、信頼できる情報源からのものを選びましょう。

近頃は、消費者の興味を引くために、内容が誇張されていたりフェイクニュースだったりする記事も存在します。

そういった誤った情報を面接で話してしまわないように、選んだニュースが一次情報なのか、新聞など全国区の大きなメディアが公式に発信している情報か、官公庁が出している情報かなど、信頼できる情報源からの正しいニュースかをしっかり確認しましょう。

避けたほうがいいニュースは「芸能やゴシップ」「宗教や政治関連」「個人的すぎる内容」

転職の面接で選ぶべきニュースの内容がある一方で、避けたほうがいいトピックもあります。それは、芸能やゴシップ、宗教や政治関連、内容が個人的すぎるニュースなど。

有名人にまつわるゴシップネタや映画や音楽などのエンタメ系のニュースはカジュアルすぎるため、面接という場には適しません。

面接では支持政党や宗教に関する話題や質問も、採用差別になるため許容されていませんので、こういった話題の回答は避けたほうがいいでしょう。

また、身近な友人や家族に起きた出来事など面接官が知り得ないような内容の個人的すぎるニュースも避けましょう。

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

面接で「最近のニュース」について答える際の3ステップ

話すニュースが決まったら、次に押さえておきたいのが実際の面接での答え方。

話す内容を論理的に分かりやすく伝えるためには、事前に話の骨子を組み立て実際に話す流れを想定して準備しておくことが重要です。次の3ステップを意識して練習してみましょう。

1.ニュースの概要説明

まずは、ニュースの概要説明です。

取り上げるニュースの内容を面接官が知らないことも考慮して、ニュースの要点を簡潔に伝えましょう。

「いつ頃の」「何についての」「どんな人が関わっている」ニュースなのかを明確にして内容を説明します。

面接官の反応や回答によって話す情報の濃度を変えられると、場面に合わせた適切なコミュニケーションが取れる人物とイメージアップにつながるでしょう。

2.なぜそのニュースに興味を持ったのかの理由説明

次に、なぜそのニュースに興味関心を持ったのかという理由を説明します。

「なんとなく気になって」などはもちろんNG。志望業界に関連するビジネスニュースであれば、以前から業界全体の課題と感じているトピックだったことや、自身が仕事で携わる内容であることなど、自分のマインドや経験などバックグラウンドと絡めて理由に落とし込めると良いでしょう。

3.ニュースの本質や問題点はどんなところにあり、自分はどういった意見・感想を持ったのか

最後に、取り上げたニュースの問題点や課題点がどんなところにあり、それに対して自分がどういう考え・意見を持ったのかを説明しましょう。

自分の考えを持つためには、先入観を捨ててニュースの本質を見極めることが大切です。誰かの感想を引用するのではなく、自分がどう感じたのかを自分の言葉で伝えましょう。

初めからうまくまとめることは難しいと思うので、まずは体裁や話す順序などを気にせず思ったままの感情を箇条書きに複数書き出してみてから整理するのがおすすめです。

ニュースに対する自分の意見がまとまったら、更に「今後自分がどうしたいか」というアクションまで示せると、問題に対しての深い理解力や行動指標に落とし込む力をアピールすることができます。

面接での「最近のニュース」へのOK&NG回答例文

面接中のイメージ画像

【OK回答例文1】業界に関するニュース(環境問題×自動車業界)

私が興味を持った最近のニュースは、自動車業界が今100年に1度の大変革期といわれていることについてです。

地球温暖化に伴う世界共通の課題として「脱炭素」が掲げられ、日本でも2035年までにガソリン車の新車販売禁止が決定しました。

それにより、各社自動車のEV化が急務となり、日本の産業構造自体が大きく変わるタイミングにきています。ニュースに触れ、自分が働く自動車業界の大変革期に関われることで、期待と責任を感じています。

EV化に対しては、サプライヤーの先行き不安やエネルギーインフラへの懸念など大小さまざまな問題や課題がありますが、自動運転など含め人々の明るい未来のために直接的な貢献ができる自動車業界に携わっていることに大きなやりがいと責任を感じます。

前職では主にカメラやレーザーを用いたセンシング技術に関する開発を行っており、そういった経験を電気自動車や自動運転車の開発に役立て、微力ながら環境問題改善に貢献していけたらと考えています。

キャリアアドバイザーからの解説とアドバイス

希望する自動車業界に関連するニュースを取り上げており、ニュースをどう受け止めているか、そしてどう関わっていくかまで伝えていますので、活躍する姿がイメージでき評価される回答でしょう。

ただし面接官が技術者ですと「脱炭素」やEVの話題は、特に最近のニュースではないと感じる可能性があります。応募者がセンシング技術の開発を行っているならば、今後自動運転のセンシング技術で重要なLiDAR (ライダー)など、専門技術に関する最新ニュースを回答してもいいでしょう。

面接官に合わせて、最近のニュースを回答することも大切です。

【OK回答例文2】業界に関するニュース(人口減少×保険業界)

私が関心を持った最近のニュースは、2022年の日本の出生数が80万人割れしたことについてです。

2015年までは出生数が100万人を超えていたため、7年で20万人も減少しています。年々進む少子高齢化によって自身が属する保険業界にも大きな変化がもたらされると注目しています。

今後、社会保険料を払い社会保障を支える65歳未満の生産人口が減少し、社会保障給付を受け取る側の高齢者は更に増加していくことから、社会保障の状況は悪化していくのではないかと考えています。

こういった状況のなかで、人生100年時代とされる現代は、生きる期間も働く期間も長くなり、保険業界が提供する保険プランもより重要になり、多様化する生き方にマッチするものに変化していくべきだと感じます。

保険業界で働く営業職として、お客さまごとのライフプランに寄り添った商品を提供できるよう、国の制度や保障をはじめ社会動向を常にチェックして業務に生かすよう心掛けています。

キャリアアドバイザーからの解説とアドバイス

出生数の減少のニュースについて、過去と現在の出生数と減少数を伝えており、更に今後の社会保障が悪化していく考えまで述べていますので、情報収集力や社会問題への意識力がアピールできています。

ニュースと関連させて希望職種である保険業界の保険プランについての考えや、働く姿勢を示しており、好感が持てる回答です。

保険プランの提案について、保険会社によって特徴がありますので、事前に応募企業の保険の特徴を調べたうえで、関連する内容を回答するといいでしょう。

【OK回答例文3】業界に関するニュース(AI技術×IT業界)

私が最近興味を持ったニュースは、AI技術の進歩についてです。

近年、自然な会話や文章作成ができる『ChatGPT』や高度なイラストを即時生成できる『HolaraAI』といったAI技術を用いたサービスが続々とリリースされています。IT業界で働く友人たちやクライアントの間でも話題になっており、私も実際に使ってみましたが、まるで人が制作したかのようなクオリティの高さに驚きました。

現在各業界において、AIやビッグデータ、IoTの活用が進んでおり、AIエンジニアやデータサイエンティストなどAIを扱い管理する側のニーズが高まり、IT業界が担う役割も大きくなっていくと感じています。

一方、AIで代替できる仕事が増えていくのも事実です。自身もITエンジニアとして、AIを効率的に活用する側の人材でいられるよう新しいサービスから積極的に学び、技術を磨き続けたいと思います。

キャリアアドバイザーからの解説とアドバイス

最近のニュースとして現職や応募企業の業務と関連性があるAIについて回答していますので、面接官は興味を持って聞くでしょう。

IT技術者であれば、クオリティの高さに驚いただけでなく、例えば強化学習や画像のリアリティの進化など、具体的に驚いた内容まで伝えるといいですね。

ただし代替できる仕事が増えていくので、AIを効率的に活用する側の人材という表現が、何を目指しているのか分かりにくい部分があります。AI技術者などきちんと伝えたほうがいいでしょう。

【OK回答例文4】業界に関するニュース(リモートワーク×旅行業界)

私が興味を持った最近のニュースは、旅行業界の復活についてです。

2020年に新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言が発令されてから、観光業や旅行業界は数年停滞していましたが、今年に入り復活の兆しが見えてきました。

この数年で働き方や暮らし方が大きく変わった人も多く、旅行のスタイルも新しいものになっていくのではないかと考えます。例えば、仕事とバケーションを掛け合わせたワーケーションを行う人、都市部の会社に所属しながら地方移住をする人など、仕事や暮らしと旅行が今後より近しいものになっていくのではないでしょうか。

御社では、そういった変化にも適した環境や旅行プランを提案していくことで、旅行を一大イベントではなく、より日常に寄り添った楽しみとして捉えてもらい、新しい層のお客さま獲得に貢献できたらと考えています。

キャリアアドバイザーからの解説とアドバイス

旅行業界の復活というニュースから、旅行の在り方や働き方についての意見を述べていますので、ニュースを聞き流すだけでなく、情報から自分の考えを整理できる人材だと評価されるでしょう。

【NG回答例文1】芸能に関するニュース

私が気になっている最近のニュースは、応援している歌手の●●さんが世界20都市を回る海外ツアーを行ったことです。

●●さんは、私が学生時代からずっと応援している歌手で、●●さんの歌に何度も励まされ勇気づけられてきました。

●●さんが国内だけではなく世界へ羽ばたき活躍している姿を見て、私も日々の業務をコツコツと頑張り、誰かを勇気づけられるような仕事がしたい! と感じました。

キャリアアドバイザーからの解説とアドバイス

芸能関連のニュースは、カジュアル過ぎて面接の回答として高評価をしない面接官がいますので、最近のニュースとしてはふさわしくないでしょう。

また、応援している歌手に励まされ勇気づけられているだけでは、漠然とした回答です。例えばどういった生き方に勇気づけられるのか詳細に伝えたうえで、どのように勇気づけられる仕事がしたいのか具体的に回答する必要があります。

【NG回答例文2】政治・宗教に関するニュース

私が気になっている最近のニュースは、先日の選挙で●●党の●●さんが当選したことです。

現在の日本は、昔からの家父長制の名残が根深く、ジェンダー平等や社会への男女共同参画などの面で海外に大きく後れを取っています。当選した●●さんは、○○方針や子育て支援などをマニフェストに掲げ志高く活動していってくれることが期待できます。

私も日々の業務では高い目標を持って、ゆくゆくは社会問題にも寄与できるような仕事に携われるといいなと思っております。

キャリアアドバイザーからの解説とアドバイス

面接では政治や宗教に関する話題や質問が、採用差別に該当するため行うべきではないとされています。

応募者の最近のニュースの回答でも、支持政党や支持する政治家のニュースは伝えるべきではありません。面接官は、応募者が支持政党や支持する政治家について話すことに対してあまり好ましいと思わないでしょう。

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

面接で最近のニュースを話す時に関するQ&A

Q.最近のニュースに関する情報を集めるためにどうすればいい?

A. 情報が偏らないようさまざまな情報源から情報収集し、日ごろから習慣化することが大切!

面接の時だけでなく、情報収集を日ごろから習慣化することが大切です。

情報が偏らないよう、新聞、テレビ、ラジオ、四季報、雑誌、書籍、ニュースアプリなど、いろいろなサービスやツールから情報収集をしましょう。興味がある企業や経営者のブログなどから情報を得ることもできます。

Googleアラートは、気になるトピックについて登録をしておくと新しい検索結果が見つかった時にメールが届きますので、特定のトピックの情報収集に便利です。

新聞は、一覧で読めますので幅広い情報を収集することができ、面接であまり興味のない分野について問われても、新聞で情報収集をしておけば回答ができるでしょう。

一方ニュースアプリは、それぞれの分野にタブが分かれているので興味のある記事を読むのに便利です。

新聞で幅広く情報収集を行い、ニュースアプリやGoogleアラートで興味のある分野や業界などの最近のニュースの情報を収集するといいでしょう。

Q.応募企業の業界に関する気になる最近のニュースがなければ、どうすればいい?

A. 応募企業の業界と関連性のある業界まで広げて、関連する最近のニュースを用意しておくといいでしょう

応募企業の業界に関する最近のニュースを問われて、「知りません」と答えるのはNGです。どんなことでも構いませんので、最近のニュースを用意しておく必要があります。

応募企業の業界内で気になる最近のニュースがなければ、応募企業と関連性のある業界まで広げて、関連する業界の最近のニュースとして押さえておくといいでしょう。例えば、出版であれば放送業界など。

数年前の話題は最近のニュースではないと受け取られてしまう可能性がありますが、現在までどういった経緯で進んでいるかなど調べて伝えれば、現在の状況を最近のニュースとして伝えることができます。

また、応募企業のホームページや四季報をチェックすることで、最近の業界の情報を収集できることもあります。四季報は、上場企業の企業情報、財務情報、株式情報が記載されていますので、応募企業だけでなく業界の現状を知るうえでも参考になるでしょう。

まとめ

転職の面接でよく聞かれる「気になる最近のニュースは?」への正しい答え方と回答例を紹介しました。

最近のニュースを聞かれた際の答え方としてもっとも重要なのは、自分の意見・考えを交えて話すということです。

面接官には、ニュースを通して、転職者の情報収集力や人となりを確認したいという意図があり、回答によってはアピールにもマイナスな印象にもなりうるということを念頭に置き、適切な受け答えができるよう事前準備をしっかりして面接に臨みましょう。

監修者
谷所健一郎さん
有限会社キャリアドメイン代表取締役
谷所 健一郎(ヤドケン)

有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメント・アドバイザー(CDA)。1万人以上の面接と人事に携わった経験から、執筆、講演活動にて就職・転職支援を行う。ヤドケン転職塾 、キャリアドメインマリッジを経営。主な著書「はじめての転職ガイド 必ず成功する転職」(マイナビ出版)、「転職者のための職務経歴書・履歴書・添え状の書き方」(マイナビ出版)、「転職者のための面接回答例(マイナビ出版)」、「転職者のための自己分析」(マイナビ出版) ほか多数。

≪面接対策に関連する記事≫

面接対策ガイド

  • 「面接準備って何すればいい?」という方もこれで安心! 超・初心者向け

    転職の面接準備とは? 面接のコツや心構えなど大切なことを紹介

  • 面接に持参する履歴書は、封筒に入れる? 手渡し方のマナーは?

    面接に持参する履歴書は、封筒に入れる? 手渡し方のマナーは?

  • 転職面接のスーツ、カバン、髪型、私服・服装自由の正解は? 服装選びの基準

    転職面接のスーツ、カバン、髪型、私服・服装自由の正解は? 服装選びの基準

  • 面接練習は必要? 一人でできる面接対策のやり方を解説

    面接練習は必要? 一人でできる面接対策のやり方を解説

  • 面接のお礼メール・お礼状、実際に送った人は●%!? 書き方と宛先は?

    面接のお礼メール・お礼状、実際に送った人は●%!? 書き方と宛先は?【例文あり】

  • 長所・短所を転職面接で回答するコツや伝え方、NGポイント【例文あり】

    長所・短所を転職面接で回答するコツや伝え方、NGポイント【例文あり】

  • 面接官のその反応、本当に合格フラグ? 「結果連絡が遅い」「いい雰囲気だった」時は不合格?

    面接官のその反応、本当に合格フラグ? 「結果連絡が遅い」「いい雰囲気だった」時は不合格?

  • 【面接の入室・退室の仕方】ノックの回数など面接官が見ているポイントとは?

    【面接の入室・退室の仕方】ノックの回数など面接官が見ているポイントとは?

  • 転職で最終面接に落ちる理由とは? 就職との違いや対策法を紹介!

    転職で最終面接に落ちる理由とは? 就職との違いや対策法を紹介!

  • 中途・転職の最終面接結果はいつ来る?遅い理由や連絡の目安と確認方法

    中途・転職の最終面接結果はいつ来る?遅い理由や連絡の目安と確認方法

  • 最終面接(社長・役員面接)で「逆質問をしない」のはNG?【質問例8選&NG質問3選あり】

    最終面接(社長・役員面接)で「逆質問をしない」のはNG?【質問例8選&NG質問3選あり】

  • 面接で緊張しない方法は? 事前準備と自信が強い味方に!

    面接で緊張しない方法は? 事前準備と自信が強い味方に!

  • 転職の面接に私服を指定されたら? 服装・髪型・メイクまで注意点を徹底解説

    転職の面接に私服を指定されたら? 服装・髪型・メイクまで注意点を徹底解説

  • どう答えるのがベスト? 面接で「気になる最近のニュースは?」と聞かれた時の答え方と回答例

    どう答えるのがベスト? 面接で「気になる最近のニュースは?」と聞かれた時の答え方と回答例

  • 面接で「あなたの強みは? 弱みは?」と聞かれたら!? アピールにつなげる答え方と回答例

    面接で「あなたの強みは? 弱みは?」と聞かれたら!? アピールにつなげる答え方と回答例

  • ノーマスク解禁後の対面面接。マスクはどうするのがベター?

    ノーマスク解禁後の対面面接。マスクはどうするのがベター?

  • 面接における自己紹介のポイントは? 伝える項目や自己紹介のOK例・NG例を紹介

    面接における自己紹介のポイントは? 伝える項目や自己紹介のOK例・NG例を紹介

  • 面接での逆質問に使える例文まとめ|目的・シチュエーション別OK例・NG例を紹介

    面接での逆質問に使える例文まとめ|目的・シチュエーション別OK例・NG例を紹介

  • 面接で特技を聞かれた時の答え方|特技を選ぶポイントや回答例を紹介

    面接で特技を聞かれた時の答え方|特技を選ぶポイントや回答例を紹介

  • 面接での面白い逆質問は? OK例・NG例を紹介

    面接での面白い逆質問は? OK例・NG例を紹介

  • 録画面接とは? 録画面接で好印象を残す方法や選考通過のポイントを解説

    録画面接とは? 録画面接で好印象を残す方法や選考通過のポイントを解説

  • 【例文あり】面接の「最後に一言」で好印象を与えるには

    【例文あり】面接の「最後に一言」で好印象を与えるには

  • 面接での適切な言葉遣いは? 特に気を付けたい敬語の使い方を解説

    面接での適切な言葉遣いは? 特に気を付けたい敬語の使い方を解説

  • 面接で失敗談を聞かれた時の答え方|質問の意図・伝え方のコツ・失敗談の回答例を紹介

    面接で失敗談を聞かれた時の答え方|質問の意図・伝え方のコツ・失敗談の回答例を紹介

  • 面接で趣味を聞かれたらどう答える? 自己PRにつながる回答例を紹介

    面接で趣味を聞かれたらどう答える? 自己PRにつながる回答例を紹介

  • 転職活動で最終面接まで進めば「ほぼ合格」? 最終面接に向けて準備しておきたいこと

    転職活動で最終面接まで進めば「ほぼ合格」? 最終面接に向けて準備しておきたいこと

  • 面接の志望動機はどれぐらいの長さで話すと好印象? 例文付きで解説

    面接の志望動機はどれぐらいの長さで話すと好印象? 例文付きで解説

  • 最終面接(役員面接)の対策|よく聞かれる質問・回答例や気を付けるポイントを紹介

    最終面接(役員面接)の対策|よく聞かれる質問・回答例や気を付けるポイントを紹介

その他の「面接対策」

簡単1分会員登録 簡単求人を探す 簡単求人を探す 適職診断 ‐適職をディグる! ジョブリシャス診断‐

必読! 転職完全マニュアル

  • 履歴書の書き方

  • 職務経歴書の
    書き方

  • 自己PRの
    書き方・例文集

  • 志望動機の
    書き方・伝え方

  • 面接対策ガイド

  • 退職願・退職届の
    書き方・渡し方

テンプレート・書類作成ツール

  • 履歴書
    テンプレート

  • 入学・卒業年度 自動計算表

  • 職務経歴書
    テンプレート

  • 職歴メーカー

診断

  • ジョブリシャス診断(適職診断)

  • 適性診断

  • 社会人力診断

人気記事

  • 「NGな志望動機・志望理由」ワースト5【面接官の本音】

  • 【例文あり】志望動機は「書き出し」と「締めくくり」で差を付ける! 人事の目を引く書き方とは?

  • 【面接日程メールの例文とマナー】企業へのメールの書き方とよくある減点ポイント

  • 「仕事辞めたい」7つの理由  会社や仕事が合わない、苦痛、やる気が出ない…… リアル対処法

  • やりたい仕事がない・分からない時の探し方を転職のプロが解説!【タイプ&方法別】

転職・退職で知って得する

  • 源泉徴収票とは? もらえる時期や必要なタイミング、見るべきポイント4つ

  • 失業手当(失業保険)はどんな人がもらえる? 金額・期間・手続き方法を解説【社労士監修】

  • 離職票はいつ届く? 書き方、手続きや再発行のやり方

  • 雇用契約書とは? 労働条件通知書との違い、もらえない時の対処法

  • 履歴書の扶養家族・配偶者とは? 書き方と考え方、扶養家族数の数え方【専門家監修】

注目コンテンツ

  • 仕事・職場の人間関係の悩みに疲れた時にやるべきこと。会社を辞めたくなったら?

  • パーパスとは? その意味や注目される背景について解説

  • フリーランスって? 向いている仕事(職種)と活躍するために必要なこと&注意点

  • 第48話 オタバレは怖いけど。|しろやぎ秋吾 ヤメコミ!@仕事辞めたい瞬間

  • 2023年版
    モデル年収平均ランキング

  • 今月の注目コンテンツ

ヤメコミ! ─働く人の悲喜こもごも、仕事辞めたい瞬間を無料4コマ漫画でお届け─ マイナビ転職YouTube公式チャンネル 転職MYコーチ(履歴書添削)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
すべての「働く」を、もっとひらく。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。