応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の
秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

面接対策ガイドのビジュアル画像

転職活動で最終面接まで進めば「ほぼ合格」? 最終面接に向けて準備しておきたいこと

掲載日:2023/10/20

転職活動で最終面接まで進めば「ほぼ合格」? 最終面接に向けて準備しておきたいこと

最終面接まで来れば、「ほぼ合格」と考えるかもしれません。多くの場合、経営者層が面接官となる最終面接は選考における最終段階であり、内定が決まってもおかしくない状況です。

しかし、実際には、最終面接後に不採用となるケースもあるため油断は禁物です。本記事では、最終面接の役割を解説するとともに、一次面接や二次面接との違い、最終面接で採用されるために準備しておきたいことについて解説します。

転職での「最終面接=ほぼ合格」とは限らない

話し合い中のイメージ画像

最終面接まで進んだとしても、「ほぼ合格」とは限りません。というのも、最終面接はあくまで選考段階にあり、ほかのライバルもまだ残っている可能性があるからです。

最終選考段階にある候補者の中から選ばれることで、ようやく内定が決まります。

最終面接の考え方は、企業によって異なります。例えば、最終面接を、採用を前提として入社意思を確認する場と考えている企業であれば、「ほぼ合格」と言えるかもしれません。

しかし、最終面接の対応次第で「やはり社風に合わない」と判断されると不合格になる可能性があります。

最終面接における合格率は企業によってさまざまです。特に外資系の企業であれば、日本国内では採用予定であっても、海外にある本社側で最終判断が下されるため、結果が覆ることもあり得ます。

いずれにしても、最終面接=ほぼ合格と考えず、気を抜かずに臨むことが大切です。内定が確定するまでは、まだ選考段階にあることを理解する必要があります。

最終面接で急に態度を変えたり、突然、条件交渉を始めたりすると、かえって内定から遠のいてしまいかねません。最終面接の結果が出るまで、油断せずに準備しましょう。

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

転職での最終面接の特徴と役割

最終面接を受けているところのイメージ画像

最終面接は、役員クラスの面接官によって、対面型、個人面接の形式で行われることが多いです。現在は最終面接をWebで行う企業もあります。

日常的に採用の最終決定権を持つ立場の社長や役員、マネジメントに携わる現場責任者、人事担当者が、応募者の能力や人柄、本質的な部分を見極める最終段階となります。

では、最終面接で好印象を与えるには、どのような対策を取れば良いのでしょうか。最終面接の目的を知り、対策を考えてみましょう。

最終面接では応募者の志望度をチェック

最終面接では、相手が本当に入社したいのか、どれくらい強い意思を持って入社を希望しているのかについてチェックされます。入社後にミスマッチが発覚すると、早期退職になってしまうリスクがあるからです。

面接官は、応募者に志望動機を聞くことで、自社のどこに魅力を感じ、どのような働きで自社にメリットをもたらす人物なのかを知りたいと思っています。これまでのキャリアを生かして即戦力になり、長期間働いてくれる人材かどうかを判断しようとしています。

応募者が企業に貢献してくれるのかを最終確認

最終面接では、応募者が自社に貢献できる人材かどうかも確認されます。企業が求める経験やスキルを持っているだけでなく、即戦力として働いてくれる人材なのかを最終判断しています。

最終面接で、あらためて自己PRを聞かれる場合には、企業への貢献度をアピールできるようなエピソードを加えると良いでしょう。そのためには、事前にしっかり企業研究を行い、説得力のある内容にすることが大切です。

一次面接、二次面接と、最終面接の違い

多くの場合、一次面接、二次面接を経て最終面接となります。一次面接は集団面接やWeb面接になるケースが多く、二次面接以降は個別の対面型面接になるでしょう。

一次面接では人事担当者が書類だけでは判断できなかった人物像や社風とのマッチングをチェックするなど、総合的な人物評価を行います。

二次面接では、現場のマネジャーや採用担当者などによる総合的なスキルチェックや現場とのマッチングなどを判断するケースが多いでしょう。

一方、最終面接では、社長、役員などの経営陣が、社風に合うか、即戦力として会社にどの程度貢献してくれるか、自社の課題解決に役立つ人材かなどを基準に、応募者を絞り込む最終選定の場と言えます。

自社に利益をもたらしてくれる人材かどうかを最終判断しているのが、最終面接の大きな特徴と言えます。

転職時の最終面接のパターン

面接中のイメージ画像

最終面接は、大きく分けて、採用を前提に入社の意思を確認する「顔合わせ型」と、複数残った候補者から内定者を選定する「最終選考型」の2つがあります。

「顔合わせ型」の場合

「顔合わせ型」は、応募者と企業の経営陣が対面し、採用を前提とした話し合いが行われるパターンです。

この場合は、「最終面接=ほぼ合格」と言えるかもしれません。ただし、最終決定権を持つ社長や役員が面接官を務めることが多く、最終面接での対応によっては、不合格となる可能性もあります。

「最終選考型」の場合

「最終選考型」は複数の応募者が残っており、最終的に採用する人材を絞り込むパターンです。

一般的に、「顔合わせ型」よりも時間をかけた面接になることが多く、人事だけでなく、現場担当者や経営陣も加わった面接になるでしょう。

質問内容は、志望動機やこれまでの仕事、将来のビジョンなど、一次面接や二次面接で問われたものと似ていますが、回答の軸は変えずにより応募企業向けの回答をすべきでしょう。

例えば「なぜ当社を志望するのでしょうか」という質問によって、応募者の業界研究レベルを確かめる狙いがあるかもしれません。面接官が最終面接で行う質問の背景や目的を考えながら、回答する必要があります。

一次面接=最終面接の場合もある

一次面接が最終面接、というケースも見られます。応募者の負担を減らし、スムーズに選考を進めることを目的として、面接回数を1回のみにしているパターンです。

一度だけのチャンスでもあり、複数の面接官が多面的な質問をし、総合的に評価することが多いでしょう。

また、小規模の企業では、社長自らが採用担当を兼ねているケースもあり、その場で合否を決めてしまうような一次面接=最終面接になることもあります。

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

転職時の最終面接に向けて準備しておきたいこと

前向きな姿勢のビジネスパーソンのイメージ画像

最終面接の面接官は、役職者が多いことから、年齢層が高い傾向にあります。ビジネスパーソンとしての経験値が高く、面接官としてこれまでに多くの応募者を見てきた経緯があることから、うわべだけの発言をしても、すぐ見抜かれてしまうかもしれません。落ち着いて実力を発揮できるように、事前準備を進めましょう。

まずは熱意と本気度で勝負

最終面接では、内定辞退を避けるため、応募者の入社意欲や熱意をあらためて確認されることも少なくありません。

応募者は「この企業にどうしても入りたい」という熱意を強くアピールすることが重要です。ただし、口先だけではなく、行動を伴う決意を伝える必要があります。

事前準備に時間をかけ、本気度の高さとその根拠を示しましょう。応募先の企業について調べ、逆質問を考えておくのも効果的です。

企業の理解度を深める

先にもお伝えしたように、最終面接では自社に対する将来的な貢献度を判断されます。

そのため、企業がどんな人材を求めているのか、あらためて考える必要があります。企業の情報を深掘りし、自分がどのような形で企業に貢献できるかをまとめておくと良いでしょう。

事業内容や業界に関する知識が浅かったり、通り一遍の回答しかできないようでは、熱意を疑われてしまうかもしれません。同業他社との違いを整理しておくのもいいでしょう。

最終面接に備えて志望動機をアップデートする

最終面接でよく志望動機について尋ねられるのは、応募者の意欲を推し量ることができる質問だからです。

その企業でどのような仕事をしたいのか、志望動機を明確にし、深く掘り下げて説明できるよう、アップデートしておきましょう。

あいまいな志望動機ではなく、具体性のある内容のほうが、自分を強く印象付けることができます。一般論や、具体性に欠ける説明をするようでは、面接官の心を動かすことは難しいでしょう。

応募先の業務に関わる時事問題に関心を持つ

最終面接で、企業のために貢献できる点をアピールするには、業務に関わる情報に関心を持ち、どのような課題があるのかを把握しておく必要があります。

企業が抱える課題や、社会的な影響などについて研究しておきましょう。新聞やテレビ、インターネットなどで最新のニュースをチェックし、質問対策をしておきましょう。

自分は今、何ができるのかを掘り下げる

「あなたの能力を、当社でどのように生かしたいですか」といった質問も、最終面接ではよく聞かれます。

これまで積み上げてきた自分の経験と実績を分析し、どんな形で貢献できるかを考えておきましょう。一次面接や二次面接よりも更に掘り下げた回答ができるよう、イメージを広げておくと良いでしょう。

一般的には、コミュニケーション力、協調性、粘り強さなどが評価される傾向にあります。具体的なエピソードを交えることで、説得力が増した回答になるでしょう。

その企業で働く自分の未来を想像する

最終面接では、将来のキャリアプランやビジョンについて聞かれることも、よくあります。

例えば、応募先の企業で働いた10年後の姿をイメージし、どのようなポジションで、どんな働き方をしたいのか明確に答えられるようにしておくと良いでしょう。

中長期スパンでのキャリアプランだけでなく、数年後の未来を想定した目標を立てておくなど、臨機応変に答えられるように準備しておきましょう。

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

転職の最終面接で避けたいNG行為

面接先に向かっているビジネスパーソンのイメージ画像

最終面接当日は、面接官に好印象を与え、内定確約に向けて尽力したいものです。そのためには、マイナス印象を与えてしまうような行動は避ける必要があります。以下に挙げるようなNG行為に注意し、合格を目指しましょう。

迷うような態度を取る

最終面接では、応募者の熱意を最終確認しています。

応募先の企業が第一志望であることを、はっきりと伝えましょう。相手に届く声のトーンで丁寧に発言し、相手の目を見て話すなど、熱意が届くような伝え方も意識します。

逆に、あいまいな回答をしたり、迷うような態度を見せたりすると、面接官から「志望度が低い」と判断され、マイナス印象を与える可能性があります。

キャリアアドバイザーからのアドバイス

最終面接で志望度を問われることがありますが、志望度が高い回答でも表情が暗く迷う態度や、他社と比較検討するという回答では、採用につながらない可能性が高いでしょう。

企業は、内定辞退をできるだけ避けるためにも、最終面接で志望度の確認を行います。

迷いがあるならば、内定後に採用担当者に確認できますので、入社意欲を言葉と表情で伝えましょう。

社風とマッチしていない印象を与える

最終面接での面接官は、応募者がその企業の社風とマッチしているか、見極めています。

採用にコストや時間をかけている分、早期退職のリスクがある人材は採用を見合わせる企業が多いでしょう。

長期にわたって活躍してくれる人材を採用するためにも、社風と合わない、働く価値観が異なる、周囲の社員と協力できそうにないといった態度や発言をしてしまう人材は、不採用になる可能性が高まります。

キャリアアドバイザーからのアドバイス

例えば、じっくり仕事をしていきたい応募者にとって、仕事のスピードと効率を重視する企業の社風は、合わないと感じられるでしょう。

また、チームワークを重視する社風の場合、一人で仕事を行う印象を持たれると、採用につながらない可能性があります。

仕事の進め方や職場の雰囲気になじめなければ、転職をしてもミスマッチになる可能性がありますので、転職すべき企業か考えるべきです。最終面接を通過するためには、応募企業の社風に自分自身がマッチしていることを示す必要があります。

企業研究が不十分

最終面接では、一次面接、二次面接より更に踏み込んだ回答が求められます。企業研究が不十分だと、答えに迷ったり、回答できなかったりするかもしれません。

結果として、企業理解が低く、事業内容や業務などに対応できないような印象を与え、志望の意欲そのものを疑われる可能性があります。

キャリアアドバイザーからのアドバイス

最終面接で、求められている業務を理解していなければ、採用につながらない可能性が高いでしょう。

転職では職務や求める経験が明確になっていることが多いので、求人情報を読み取るだけでなく、これまでの面接を通じて確認したうえで、自分が発揮できる能力を積極的にアピールしましょう。

企業により求める人材は異なりますので、企業研究を行い、企業が求めている人材として、発揮できる能力を具体的に伝えるようにしてください。

まとめ

面接に成功したイメージ画像

最終面接では、応募者の熱意や貢献度など、今後の可能性を踏まえて総合的に評価されることが多いようです。

一次面接や二次面接と同じ質問内容であっても、あらためて、人物像を見極め、自社にマッチするかどうかを把握したいという意図が隠れています。

あいまいな回答や一般論はできるだけ避け、自分がどのような点で貢献できるかを明確にまとめ、具体的に伝えるようにしましょう。

最終的には応募者の本気度が、面接官の判断に影響します。しっかりと準備をして臨むことで、応募者の誠実さや前向きさが面接官に伝わるはずです。

監修者
谷所健一郎さん
有限会社キャリアドメイン代表取締役
谷所 健一郎(ヤドケン)

有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメント・アドバイザー(CDA)。1万人以上の面接と人事に携わった経験から、執筆、講演活動にて就職・転職支援を行う。ヤドケン転職塾 、キャリアドメインマリッジを経営。主な著書「はじめての転職ガイド 必ず成功する転職」(マイナビ出版)、「転職者のための職務経歴書・履歴書・添え状の書き方」(マイナビ出版)、「転職者のための面接回答例(マイナビ出版)」、「転職者のための自己分析」(マイナビ出版) ほか多数。

≪最終面接に関連する記事≫

面接対策ガイド

  • 「面接準備って何すればいい?」という方もこれで安心! 超・初心者向け

    転職の面接準備とは? 面接のコツや心構えなど大切なことを紹介

  • 面接に持参する履歴書は、封筒に入れる? 手渡し方のマナーは?

    面接に持参する履歴書は、封筒に入れる? 手渡し方のマナーは?

  • 転職面接のスーツ、カバン、髪型、私服・服装自由の正解は? 服装選びの基準

    転職面接のスーツ、カバン、髪型、私服・服装自由の正解は? 服装選びの基準

  • 面接練習は必要? 一人でできる面接対策のやり方を解説

    面接練習は必要? 一人でできる面接対策のやり方を解説

  • 面接のお礼メール・お礼状、実際に送った人は●%!? 書き方と宛先は?

    面接のお礼メール・お礼状、実際に送った人は●%!? 書き方と宛先は?【例文あり】

  • 長所・短所を転職面接で回答するコツや伝え方、NGポイント【例文あり】

    長所・短所を転職面接で回答するコツや伝え方、NGポイント【例文あり】

  • 面接官のその反応、本当に合格フラグ? 「結果連絡が遅い」「いい雰囲気だった」時は不合格?

    面接官のその反応、本当に合格フラグ? 「結果連絡が遅い」「いい雰囲気だった」時は不合格?

  • 【面接の入室・退室の仕方】ノックの回数など面接官が見ているポイントとは?

    【面接の入室・退室の仕方】ノックの回数など面接官が見ているポイントとは?

  • 転職で最終面接に落ちる理由とは? 就職との違いや対策法を紹介!

    転職で最終面接に落ちる理由とは? 就職との違いや対策法を紹介!

  • 中途・転職の最終面接結果はいつ来る?遅い理由や連絡の目安と確認方法

    中途・転職の最終面接結果はいつ来る?遅い理由や連絡の目安と確認方法

  • 最終面接(社長・役員面接)で「逆質問をしない」のはNG?【質問例8選&NG質問3選あり】

    最終面接(社長・役員面接)で「逆質問をしない」のはNG?【質問例8選&NG質問3選あり】

  • 面接で緊張しない方法は? 事前準備と自信が強い味方に!

    面接で緊張しない方法は? 事前準備と自信が強い味方に!

  • 転職の面接に私服を指定されたら? 服装・髪型・メイクまで注意点を徹底解説

    転職の面接に私服を指定されたら? 服装・髪型・メイクまで注意点を徹底解説

  • どう答えるのがベスト? 面接で「気になる最近のニュースは?」と聞かれた時の答え方と回答例

    どう答えるのがベスト? 面接で「気になる最近のニュースは?」と聞かれた時の答え方と回答例

  • 面接で「あなたの強みは? 弱みは?」と聞かれたら!? アピールにつなげる答え方と回答例

    面接で「あなたの強みは? 弱みは?」と聞かれたら!? アピールにつなげる答え方と回答例

  • ノーマスク解禁後の対面面接。マスクはどうするのがベター?

    ノーマスク解禁後の対面面接。マスクはどうするのがベター?

  • 面接における自己紹介のポイントは? 伝える項目や自己紹介のOK例・NG例を紹介

    面接における自己紹介のポイントは? 伝える項目や自己紹介のOK例・NG例を紹介

  • 面接での逆質問に使える例文まとめ|目的・シチュエーション別OK例・NG例を紹介

    面接での逆質問に使える例文まとめ|目的・シチュエーション別OK例・NG例を紹介

  • 面接で特技を聞かれた時の答え方|特技を選ぶポイントや回答例を紹介

    面接で特技を聞かれた時の答え方|特技を選ぶポイントや回答例を紹介

  • 面接での面白い逆質問は? OK例・NG例を紹介

    面接での面白い逆質問は? OK例・NG例を紹介

  • 録画面接とは? 録画面接で好印象を残す方法や選考通過のポイントを解説

    録画面接とは? 録画面接で好印象を残す方法や選考通過のポイントを解説

  • 【例文あり】面接の「最後に一言」で好印象を与えるには

    【例文あり】面接の「最後に一言」で好印象を与えるには

  • 面接での適切な言葉遣いは? 特に気を付けたい敬語の使い方を解説

    面接での適切な言葉遣いは? 特に気を付けたい敬語の使い方を解説

  • 面接で失敗談を聞かれた時の答え方|質問の意図・伝え方のコツ・失敗談の回答例を紹介

    面接で失敗談を聞かれた時の答え方|質問の意図・伝え方のコツ・失敗談の回答例を紹介

  • 面接で趣味を聞かれたらどう答える? 自己PRにつながる回答例を紹介

    面接で趣味を聞かれたらどう答える? 自己PRにつながる回答例を紹介

  • 転職活動で最終面接まで進めば「ほぼ合格」? 最終面接に向けて準備しておきたいこと

    転職活動で最終面接まで進めば「ほぼ合格」? 最終面接に向けて準備しておきたいこと

  • 面接の志望動機はどれぐらいの長さで話すと好印象? 例文付きで解説

    面接の志望動機はどれぐらいの長さで話すと好印象? 例文付きで解説

  • 最終面接(役員面接)の対策|よく聞かれる質問・回答例や気を付けるポイントを紹介

    最終面接(役員面接)の対策|よく聞かれる質問・回答例や気を付けるポイントを紹介

その他の「面接対策」

簡単1分会員登録 簡単求人を探す 簡単求人を探す 適職診断 ‐適職をディグる! ジョブリシャス診断‐

必読! 転職完全マニュアル

  • 履歴書の書き方

  • 職務経歴書の
    書き方

  • 自己PRの
    書き方・例文集

  • 志望動機の
    書き方・伝え方

  • 面接対策ガイド

  • 退職願・退職届の
    書き方・渡し方

テンプレート・書類作成ツール

  • 履歴書
    テンプレート

  • 入学・卒業年度 自動計算表

  • 職務経歴書
    テンプレート

  • 職歴メーカー

診断

  • ジョブリシャス診断(適職診断)

  • 適性診断

  • 社会人力診断

人気記事

  • 「NGな志望動機・志望理由」ワースト5【面接官の本音】

  • 【例文あり】志望動機は「書き出し」と「締めくくり」で差を付ける! 人事の目を引く書き方とは?

  • 【面接日程メールの例文とマナー】企業へのメールの書き方とよくある減点ポイント

  • 「仕事辞めたい」7つの理由  会社や仕事が合わない、苦痛、やる気が出ない…… リアル対処法

  • やりたい仕事がない・分からない時の探し方を転職のプロが解説!【タイプ&方法別】

転職・退職で知って得する

  • 源泉徴収票とは? もらえる時期や必要なタイミング、見るべきポイント4つ

  • 失業手当(失業保険)はどんな人がもらえる? 金額・期間・手続き方法を解説【社労士監修】

  • 離職票はいつ届く? 書き方、手続きや再発行のやり方

  • 雇用契約書とは? 労働条件通知書との違い、もらえない時の対処法

  • 履歴書の扶養家族・配偶者とは? 書き方と考え方、扶養家族数の数え方【専門家監修】

注目コンテンツ

  • 仕事・職場の人間関係の悩みに疲れた時にやるべきこと。会社を辞めたくなったら?

  • パーパスとは? その意味や注目される背景について解説

  • フリーランスって? 向いている仕事(職種)と活躍するために必要なこと&注意点

  • 第48話 オタバレは怖いけど。|しろやぎ秋吾 ヤメコミ!@仕事辞めたい瞬間

  • 2023年版
    モデル年収平均ランキング

  • 今月の注目コンテンツ

ヤメコミ! ─働く人の悲喜こもごも、仕事辞めたい瞬間を無料4コマ漫画でお届け─ マイナビ転職YouTube公式チャンネル 転職MYコーチ(履歴書添削)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
すべての「働く」を、もっとひらく。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。