転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

専門サービス系(医療・福祉・教育)系 医療事務

専門サービス系(医療・福祉・教育)系のポイント
求められる資格・経験を具体的に記載すること

中途採用では、基本的に即戦力が求められるので、募集要項をしっかり読み、求められる能力・経験・資格を把握して、効果的に記載しよう。

医療事務の業務の中心と言える「レセプト(医療保険の請求明細書)作成」には専門知識が必要だが、資格が「必須」ではない場合や、サポート業務からスタートできる場合もあるので、実務未経験者や経験などに不安がある人は、PCスキルや事務処理能力、コミュニケーションスキルなど前職での経験を生かして発揮できる強みをアピールすること。

サービス利用者の立場に立って課題を解決していこうとする姿勢、そしてその実現のためにどのようなサービスが提供できるかを常に考え、提供してきた実績と、転職先で自分が提供できるサービスを具体的に説明できると良い。

この職種に求められる能力とPR法

医療機関の窓口において受付を行うため、ホスピタリティと清潔感が求められる。言葉遣いや清潔感のある身だしなみに気を付け、不安を抱えて来院する患者に寄り添い、安心させられる対応ができることが大切。

また、患者だけでなく、医師、看護師、病院内のスタッフなど、職場内で良好な人間関係を築くことができるコミュニケーション力もポイントの一つ。前職での具体的な事例を交え、発揮できる強みとして記載しよう。

経験者の場合は経験業務を具体的に記載し、処理の速さや正確性についてもアピールしておきたい。未経験者の場合も、PCスキルや事務処理能力を記載することが必要だ。医療事務の資格については、実務経験がなくても取得できるが、単に「取得した」ことを書くのではなく、自主的に必要な知識やスキルを習得するために、努力する姿勢を持っていることをアピールできると良い。

※サンプル内にある にマウスを載せるとアドバイスが表示されます。
※「マイナビ転職」のWEB履歴書フォーマットに沿ったサンプルです。 ダウンロードはこちら。
見出しを付けて分かりやすく書く

カッコや記号を効果的に使い、視覚的なメリハリを付ける。職種ごとに業務内容や実績を述べ、採用側に、どこでどんな業務を行っていたのかを一目瞭然で分かるようにする。また、それによって、採用側に業務で即戦力となることを印象付ける。

具体的に記載する

経験業務は分類し、項目ごとにまとめて具体的に記載するほうが分かりやすい。医療事務は、書類を扱う機会の多い職種であるため、見やすく簡潔にまとめることも能力のアピールにつながる。

スキルを裏付ける資格を記載

医療事務には必ずしも資格は必要ではないが、資格があることで専門知識を身に付けていることを示すことができる。また、PCスキルのアピールも効果的。未経験者の場合、スキルアップに自主的に取り組む姿勢を持っていると印象付けることができればベター。

対人スキルのアピール

医療事務は、事務処理だけでなく、患者や医師等の院内のスタッフなど、「人と接する仕事」と言える。患者の気持ちになって対応したこと、いかにして信頼関係を築いてきたかなどのエピソードを交えて、対人スキルやホスピタリティをアピールする。未経験者の場合は、前職での経験に「人の役に立ちたい」といった意欲をプラスすると効果的だ。

サブタイトルを付ける

アピールしたい内容を、サブタイトルとして記載することで、採用側も評価しやすく好印象。またスキルと業務を結び付けて説明することで、即戦力になれることをアピールできる。評価された点や業務効率化など、仕事上の実績があれば具体的に記載する。

前向きな転職理由を記載

今後のビジョンを記載し、前向きな姿勢をアピールする。また応募する医療機関の求人やホームページなどから、特徴や医療方針などをチェックし、それらと自身の思いやスキルをリンクさせて意欲をアピールできれば好印象を与えられる。

職務経歴書欄
職務経歴書1
勤務先会社名 ○△整形外科
経験期間 20××年××月〜20××年××月
勤務先業種 医療
勤務先資本金 1000万円以上
勤務先従業員数 12名(医師2名、看護師4名、事務長1名、事務員5名)
経験職種 医療事務
雇用形態 契約社員
年収実績 200〜249万円
業務上のポジション マネジメント経験なし
職務内容 【職務要約】医療事務の職務経歴書のポイント1
整形外科個人医院での医療事務業務。主に窓口での患者応対、電話応対、カルテ管理、レセプト業務等を担当しました。


【業務内容】医療事務の職務経歴書のポイント2
・受付、会計、電話応対
・カルテ作成、管理
・レセプト作成、点検、請求 
・薬剤、診療材料の在庫管理
・入院、退院、転院等の手続きの補助
・医師、看護師との連携

【資格・スキル】医療事務の職務経歴書のポイント3
・日本医療教育財団主催 メディカルクラーク
・医療秘書教育全国協議会主催 医療秘書技能検定試験2級
・サーティファイ情報処理能力認定委員会主催 ワードプロセッサ技能認定試験2級
・日本電卓技能検定協会主催 電卓技能検定試験2級
・日本漢字能力検定協会主催 日本漢字能力検定2級
・Excel、Word 基本操作可

【アピールポイント】医療事務の職務経歴書のポイント4
<臨機応変な対応能力>医療事務の職務経歴書のポイント5
・診療に来られるさまざまな患者さまに合わせた細やかな対応を心掛けていました。身体が不自由なご年配の方には、患者さまのペースに合わせて院内での移動をサポートし、救急の患者さまにはご家族への連絡や手続き等を迅速に済ませるなど、患者さまの負担を少しでも軽減できるよう努めました。

・受付は患者さまが病院内で一番最初に来られる場所であるため、病院の顔であると考えています。言葉遣いと清潔感のある身だしなみに気を付け、身体の不調を抱えて来院される患者さまに安心感を与えるため笑顔を絶やさないように気を付けました。医院長からも「患者さま対応が丁寧で大変良い」との評価を受けました。

<正確な事務処理能力>
・患者さまやスタッフ間でのコミュニケーション能力と正確な事務処理力が評価され、労災や自賠責等の申請において、労働基準監督署・各市町村・保険会社間の手続きを任されました。

・医療保険制度、介護保険制度、医師法、病気の症状、薬の名前や効能、各種検査の内容、診療報酬の点数や加算など医療事務に関する多くの知識を身に付け、業務に生かしました。

【自己研鑽】
2年に一度の診療報酬改定時にはセミナー等に参加し、常に最新情報を習得して適正な診療報酬請求に努めました。また、医療に関してより幅広い知識を身に付けるために、医療秘書技能検定試験1級取得を目指して勉強を継続しています。


【転職理由】医療事務の職務経歴書のポイント6
診療科が多く、より規模の大きな病院に勤務することで、これまで身に付けたレセプト業務など医療事務全般の経験を生かしながら、さらに知識や幅広い経験を身に付けていきたいと思い転職を決意しました。ホームページを拝見し、地域に根付いた医療を目指す貴院で、今まで契約社員としては携わることのできなかった後輩の指導・育成も含め、正社員として長期に貢献したいと考えております。

適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ