転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング企画・経営系 マーチャンダイザー

マーケティング企画・経営系のポイント
「企画力」「マーケティング力」「実績」をアピールすること

消費者ニーズやトレンドといった、市場の大きな動きを押さえる能力が求められる。既成概念にとらわれずに、アイデアを形やサービスにしていく柔軟な発想力と共に、企画・実現力とその実績を、具体的な数字を挙げてアピールしよう。

特に強調するポイントを決めよう

経験者なら、これらの能力を自分がどのようにして養ったのか、具体的な裏付けと共に描くと伝わりやすい。未経験者の場合は、まず、今までの職歴のなかから、どんな業界や分野にどのように関わってきたかを振り返り、過去の業務経験の中から、今後生かせそうな能力やシーンを探してアピールする。

この職種に求められる能力とPR法

仕入・販売量、価格などの決定といった販売計画段階から、拡販に向けた広告宣伝まで、業務の幅は非常に広い。応募先企業で求められる能力を分析したうえで、経験分野や業務を絞って強調することがポイントだ。

応募業界に関する知識や情報と共に、マーケティングについて、実例も添えた記載があれば、アピール内容に信憑性が高まる。コミュニケーション能力やプロジェクトのディレクション経験の他、海外生産拠点との折衝能力もあれば記載しよう。

※サンプル内にある にマウスを載せるとアドバイスが表示されます。
※「マイナビ転職」のWEB履歴書フォーマットに沿ったサンプルです。 ダウンロードはこちら。
マーチャンダイザーに関連する仕事は
詳細に記載しよう

販売経験は、トレンドを読む点でも貴重な経験になる。仕入れ、発注、企画など、関連する職務経験があれば、積極的にアピールしよう。

マネジメント経験を記載しよう

役職の有無に関わらず、人を動かすうえでのマネジメント経験は、マーチャンダイザー業務で生かせる。具体的に携わった業務について、簡潔にアピールしよう。

退職後のブランクについて説明しよう

採用担当者は、退職後にブランク期間があると疑問を持つ。応募職種につながる自己啓発など、職務内容欄末尾、もしくは自己PR欄でアピールしよう。

企業概要を簡潔に記載しよう

アパレル関係といってもメーカー、小売、繊維、商社など幅広いので、採用担当者が業務内容を把握しやすいように、簡潔に企業概要を説明すると、その他の記載事項も理解しやすくなる。

マーチャンダイザーとしての
実績を記載する

商品化計画がどのような実績を収めたかを、採用担当者は知りたい。 計画だけでなく、具体的な数値を盛り込み、企業貢献したことを示そう。

応募先に合わせたアピールを

募集背景などの情報を読み、アピール部分を特に別記する。

職務経歴書欄
職務経歴書1
勤務先会社名 ◆◆◆◆株式会社
経験期間 20××年××月~20××年××月
勤務先業種 専門店(ファッション・服飾関連)
勤務先資本金 1000万以上
勤務先従業員数 100名以上
経験職種 販売・販売アドバイザー・売り場担当
雇用形態 正社員
年収実績 250~299万円
業務上のポジション マネジメント9人以下
職務内容 【職務内容】
レディスカジュアル系、レディスインポート衣料の直営店「◎◎ △△店」において販売業務をおこない、20××年×月からは副店長として勤務。

△△店(△△百貨店内)にて勤務
・接客販売 マーチャンダイザーの職務経歴書のポイント1
1日平均来客数500名の接客、販売に携わる。
販売は、お客様が求められている商品をいち早く把握できるため今後のトレンドを読む上で貴重な経験になった。

接客では、雑談の中からお客様のご要望を汲み取り、より満足していただく商品を提供するよう努めた。

・売上管理
年間売上1億6千万円(20××年度自店目標達成率 103%)
20××年度の売上は、32店舗中3位となり、年間表彰店舗となる。

・商品管理
本部と緊密に連携をとり、チャンスロスを防いだ。また在庫が過剰にならないよう、店舗独自のキャンペーンをおこない売上に貢献した。
キャンペーンを積極的におこなうことで、商品回転率は前年(20××年)対比の15%アップと向上した。

・店舗マネジメント
店舗の地域性、顧客層のリサーチを徹底した。トレンドとなる商品を積極的に発注し、季節商品をいち早く展示する店舗を目指した。新ブランドにおいては、店舗並列前にミーティングをおこない、スタッフ全員が商品特性を把握したうえ販売を開始するようにした。

・店長補佐
店長補佐として、売上管理、本部バイヤーとの打合せ、及び新人育成をおこなった。
国内商品だけでなく、インポート商品も取り扱っているため、市場動向を把握するうえでバイヤーからの情報は大変貴重な情報だった。
新人育成においては、新入スタッフ3名のOJT接客トレーニングを任された。商品説明を的確にできるよう、各自にオリジナルの商品ノートを作成させ、お客様の要望に的確に答えられるスタッフ育成に努めた。マーチャンダイザーの職務経歴書のポイント2

・企画部門サポート
新ブランド「●●●●」を立ち上げるため、店長補佐として本部企画会議に出席し、店舗で直接聞き取りを行った「お客様の声」を報告した結果、商品サンプル作成の際に反映された。20××年×月に発表された同ブランドは、目標売上を15%上回る成績を収めた。
この経験を通じて、マーチャンダイザー職に就きたいという気持ちが強くなった。

*退職後3カ月(20××年×月~20××年×月)、語学力とファッションの見聞を広めるためニューヨークに滞在した。現地の美術大学が開催するワークショップなどに参加し、服飾デザインや染色などについて知識を深めた。 マーチャンダイザーの職務経歴書のポイント3
職務経歴書2
勤務先会社名 △△株式会社
経験期間 20××年×月 ~ (現在も就業中)
勤務先業種 繊維・アパレル
勤務先資本金 1億円以上
勤務先従業員数 1000名以上
経験職種 マーチャンダイザー
雇用形態 正社員
年収実績 400~449万円
業務上のポジション マネジメント9人未満
職務内容 【企業概要】マーチャンダイザーの職務経歴書のポイント4
レディス、メンズブランド12種類を取り扱い、子供服からシニア層まで幅広いラインナップを持つアパレルメーカー。近年海外進出を積極的におこなっている。

【職務内容】
マーチャンダイザー(MD)業務
20××年×月 主任に昇格

・新ブランドの立ち上げ
国内だけでなくヨーロッパ・中国市場を踏まえて今後のトレンドを予測したうえで、素材や予算を決定し、新ブランド「▼△▲▽」を立ち上げた。

・ 市場調査を元にした企画立案
商社、広告代理店と連携して国内・外市場を分析し、金融、繊維市場の動向を踏まえた企画を立案する。

・販売ルートの確保
直営店の他、新規販売経路として、通販会社とタイアップをおこなった。
本格的に中国市場に参入するため、中国国内拠点店舗を3年間で3店舗から12店舗に増やす計画を立案した。(20××年は5店舗開店)

・展示会・広告宣伝業務
中国、イギリスにおける展示会では、国外での拡販を意識して取り入れた和の趣が評価され、新たな販売会社と契約が成立し、販売ルート拡大に成功した。

■特記事項マーチャンダイザーの職務経歴書のポイント5
自社ブランド「◎◎◎◎」「△△△」の中国市場拡販化計画
・ 商品の価格設定と素材の見直し
・ 数量の確定、販売方法、展開方法の設定
・ 現地展示会の計画
中国市場拡販に伴い、価格、素材、展開方法の見直しをおこなった。現地展示会を積極的におこない販売代理店を強化した結果、中国市場売上高を前年対比140%に伸ばした。(20××年度)

【MDとしての強み】マーチャンダイザーの職務経歴書のポイント6
・ 国内市場のみならず、中国、ヨーロッパ市場のトレンドを見極められる。
・ 商社、広告代理店と連携したディレクション業務に精通している。
・ 子供服、レディス、メンズと幅広いジャンルについて経験がある。
・ 中国市場の販路拡大において、販売会社との人脈がある。

【転職理由】
ブランド展開に非常に魅力を感じてきた貴社において、自身の経験を生かして貢献したいと考え、転職を決意しました。

適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ