転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

事務系 人事・採用

事務系のポイント
担当業務を明確にする

人事業務は、大きく「採用・教育」「人事考課」「労務管理」の3つに分けられる。その中でも採用業務は、採用計画の策定や、人材募集業務、選考・面接などをメインに行っている。募集要項をよく読んで、応募企業が求めるスキルや人物像をつかみ、そこにマッチする経験や能力を自分の業務経験から探すことが大切だ。また、採用担当者にイメージしてもらいやすいように、前職の企業規模や部署の人数、担当業務の範囲など、数字を交えて記載する。

対人能力をアピールする

採用業務が中心の場合、応募者や人材広告会社などに加え、社内各部署とやりとりをする機会も多い。そのため折衝力や調整力、コミュニケーション力といった対人能力が求められることが多い。それらを持ち合わせていることを示す実績・エピソードなどを盛り込むと良い。 人事・採用が未経験の場合も、対人能力をどこでどのように培ったのかを記載する。また研修業務や勤怠管理などの経験のほか、同業界からの応募であれば、業界知識を持っていることもアピールしておくこと。

この職種に求められる能力とPR法

採用・教育、人事考課や労務管理制度の整備・構築・管理など、それぞれに必要な能力は若干変わってくるが、いずれの場合も対人能力(コミュニケーション力・傾聴力・調整力)、思考力(論理構成力、プレゼンテーション力などを求められることが多い。また、採用目標人数など決められたミッションに対する遂行力も重視される。そのため実績と合わせて目標達成率や昨年対比など、客観的な数値を記載していると効果的だ。

更に、採用分野であれば会社が必要とする人材をどう考え、求めるのか、また資質や能力をどのように測るのかという人材を見極める力、人事考課分野であれば、評価制度や賃金制度の知識が問われる。そのため応募企業での人事業務の範囲や、自分が今後どこに重きを置いて仕事をしたいのかによって、アピールの仕方を変える必要がある。また、年齢が高くなるほど専門性を求められるので、得意分野や実績、そのために努力・工夫してきたことを明記し、持っている能力をしっかりとアピールする。

※サンプル内にある にマウスを載せるとアドバイスが表示されます。
※「マイナビ転職」のWEB履歴書フォーマットに沿ったサンプルです。 ダウンロードはこちら。
数字を交えて記載する

部署人数や担当業務について数字を交えて記載することで、採用担当者が業務のボリュームをイメージしやすくなる。

見出しを付けて分かりやすく書く

カッコや記号を効果的に使い、視覚的なメリハリを付ける。経験業務や実績ごとにまとめ、採用側に一目瞭然で分かるように記載すると良い。書類作成能力のアピールにもつながる。

アピールする経歴を簡潔に書く

冒頭で、どのような経験を積んできたのか簡潔に説明する。携わった業務を分かりやすく説明するために長文は避け、まずは概要を説明し、追って業務の詳細や実績について記載すると良い。

応募職種に関連するスキル、経験をアピール

応募企業が求める経験や能力を把握して、マッチする内容を重点的に書くことで早期に戦力となって貢献できる可能性を示す。数字で表しにくい実績も、どのような課題に対し、どう工夫・努力を行ったかや、周囲からどんな評価を得たかなどを記載することでアピールポイントとなる。

実績を効果的に示す

具体的な数字を交えて説明する。前年比や達成率など客観的な数値を盛り込むと、採用担当者がイメージしやすく、評価もしやすい。

どの程度使えるか書く

使用ソフトだけでなく、業務の中でどう使っていたかを記載し、具体的にスキルを示す。

自己啓発について記載する

業務で生かせる資格取得に向けて、勉強していることがあれば記載する。そのほかにもスキルアップにつながる自主的な取り組みがあれば記載して、積極性や意欲をアピールする。

前向きな転職理由

更に活躍したいという前向きな姿勢、また今後のビジョンを記載し、熱意を表す。求人情報やホームページなどから読み取れる応募企業の特徴にリンクさせて、自分の経験がどう生かせるか、どのように成長していきたいかを記載できればなお良い。

職務経歴書欄
職務経歴書1
勤務先会社名 ○△株式会社
経験期間 20××年××月〜20××年××月
勤務先業種 女性誌出版業
勤務先資本金 5千万円以上
勤務先従業員数 300名以上
経験職種 人事
雇用形態 正社員
年収実績 350万円〜400万円
業務上のポジション マネジメント経験なし
職務内容 <管理部 人事課> 部署人数:課長以下○○名人事・採用の職務経歴書のポイント1

【職務要約】人事・採用の職務経歴書のポイント2
社員の募集・採用から退職にかかわる事務的手続き、および新卒、中途採用の採用説明会や選考に関する企画・運営などを担当していました。加えて2年目以降は、社員研修や新しい人事評価の企画・運営・管理事務など、社員300名以上の育成、評価に携わりました。人事・採用の職務経歴書のポイント3

【業務内容】
・入社から退職時の各種手続き事務
・募集要項の作成、出稿、求人サイト運営会社との打ち合わせ
・採用説明会の準備、運営(年間約○回)
・採用にかかわる適性検査、面接の管理
(年間応募人数:約○○名、年間採用人数:新卒○名・中途○名)
・新人研修、各部門研修の企画、運営(年間対象人数:○○名)
※入社3年以内の離職率を○%→○%に削減成功
・人事評価システムの企画・立案・運用

【アピールポイント】
(1)人事評価システムの企画を経験人事・採用の職務経歴書のポイント4
日ごろの調整能力が評価され、社員に分かりやすい、新しい人事評価システムの企画を任されました。マネージャーと現場の社員に個別にヒアリングを行い、評価軸を洗い出し項目化し、目標管理をベースにした評価システム全体の骨子を作りました。それを基に人事課・経営コンサルタントと協働して完成に至りましたが、社内で客観的で納得性が高いと評価を得ました。

(2)問題の把握と解決力人事・採用の職務経歴書のポイント5
十数社が集まる合同企業説明会でブース設計を担当しました。立ち寄り人数の低迷が課題でしたが、流り言葉を取り入れたキャッチコピーを考案し、また人の流れを考慮してパネルを配置するなど、参加者の目に留まる工夫をした結果、当日で1番の立ち寄り人数(○○人)を実現しました。その結果、応募者が前年比20%増となり、採用業務に貢献しました。

【資格・スキル】
・Word 2013 スペシャリスト
・Excel 2013 スペシャリスト

【PCスキル】人事・採用の職務経歴書のポイント6
・Word(社内連絡などビジネス文書作成)
・Excel(応募者管理、人事評価管理など書類作成)
・PowerPoint(社内研修資料作成)
・弥生給与(昇給、手当などの変更業務)

【自己研鑽】人事・採用の職務経歴書のポイント7
実務にかかわる能力を身に付けるため「キャリア・コンサルティング技能検定」の講座を受講中。今年12月に資格試験を受験予定。取得後は、社会保険労務士の勉強を始める予定です。

【転職理由】人事・採用の職務経歴書のポイント8
前職では人事評価システムの企画や、採用業務での目標達成などの成果を出すことができましたが、業界柄、採用人数や採用方法も限られていたため、幅広い人材の採用・育成にかかわりたいと思い、転職を決意しました。
貴社はソーシャルリクルーティングや外国人採用など新しい採用活動に取り組まれており、ダイバーシティへの考え方や、それに基づく制度の整備など貴社サイトで拝見しました。そのような取り組みをされている貴社の人事・採用担当として、これまでの業務経験を生かしながら貢献したいと考えています。将来的にはマネジメントする立場で人を育て、総括的な人事のプロフェッショナルになりたいと思っています。

適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ