転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

建築・土木系 建築設計

建築・土木系のポイント
裏づけのある専門性アピールを!

建築技術および建築関連法規に関する知識やCADなど、造る対象が何であれ共通する専門能力は身に付けておきたい。施主や現場スタッフとの打ち合わせが必要なことも多い仕事なので、コミュニケーション力も非常に重視される。専門性が高い分野だけに、経験者というだけで一定レベルの評価は得られるだろうが、資格などの裏づけがあると尚良い。職種未経験の場合でも、建設業界や住宅メーカーなどの関連業界での経験があれば、オペレーターやアシスタントからスタートできる場合もあるので、経験不足を補う「熱意」を伝えよう。

この職種に求められる能力とPR法

オフィスビルなどの大型物件から、マンション、建売住宅、注文住宅など造るものはさまざまだが、建築技術および建築関連法規に関する知識やCAD技術などは、対象建築に関わらず必要な専門能力だ。施主との打ち合わせも欠かせない仕事なので、コミュニケーション力も重要だ。

経験者なら、一級建築士を筆頭とする建設・工事関連の資格や、インテリア・不動産などの資格があると評価が高い。また近年は、オフィスビルのみならずマンションや一戸建てでもIT化が進んでいるので、電設工事のスキルなどもアピールポイントになるだろう。

未経験からの転職のはかなり難しいが、学生時代に建築・土木や生活科学といった関連学科を専攻し、基礎的な知識を習得しているか、建設業界や住宅メーカーなどの関連業界での営業経験などがあれば、可能性はかなり広がる。また、CADのスキルがあれば、オペレーターやアシスタントからスタートすることもできる。自己啓発によって未経験のハンディをカバーする姿勢もアピールしたい。

※サンプル内にある にマウスを載せるとアドバイスが表示されます。
※「マイナビ転職」のWEB履歴書フォーマットに沿ったサンプルです。 ダウンロードはこちら。
見出しをつけてメリハリを

見出しをつけて、職種ごとに業務内容や実績を述べ、どこでどんな業務を行っていたのかを一目瞭然でわかるようにする。また、それによって、業務で即戦力となることを印象づける。結論とその理由を意識して記述すると、読みやすいものになる。

パソコンスキルは具体的に

パソコン系のスキルは、具体的に書かないと分かってもらいにくい。ワープロや表計算などベーシックなもの以外は、どんなソフトを使って何をやっていたのか、相手に伝わるように書こう。

実績は数字で示す

実績については、本来なら自分の「作品」をあげたいところだが、業務の守秘などの問題もあり難しい。案件数や完工高で示そう。

スキルをアピール

即戦力が期待される経験者の場合、業務を通じて得た知識やスキルが高く評価されて、採用の決め手になることも。正式な資格に限らず、遠慮なく書き添えるべき。

数字で表せなくても魅力的に実績をPR

数字で表せないことでも、書き方によっては、たいへん魅力的な実績となる。常に課題意識を持って課題解決していけるということを具体的に述べることで、この職種に必要な能力を持っていると伝えられる。

取得資格をPR

応募職種に役立つ資格は必ず記載しよう。取得できていなくても、現在継続して勉強している資格も記載することで意欲をPRできる。

職務経歴書欄
職務経歴書1
勤務先会社名 株式会社○○○○
経験期間 20××年××月~ (現在も就業中)
勤務先業種 住宅・建材・エクステリア
勤務先資本金 3000万以上
勤務先従業員数 100名以上
経験職種 建築設計
雇用形態 正社員
年収実績 500~549万円
業務上のポジション マネジメント経験なし
職務内容 【1.】CADオペレーター(20××年××月~20××年××月)建築設計の職務経歴書のポイント1
設計部にて、CAD作図業務に従事。2-CAD(アーキトレンド)操作を習得。建築設計の職務経歴書のポイント2

【2.】設計担当(20××年××月~)
設計部にて、注文住宅設計に従事。
業務を通じて、3D-CGによるパース作成スキルを習得。

<過去3年間の設計実績>建築設計の職務経歴書のポイント3
20××年度 11棟(完工高○億○千万円)
20××年度 15棟(完工高○億○千万円)
20××年度 13棟(完工高○億○千万円)

<特記事項>
・「施主に納得いただくこと」をポリシーとし、施主とのコミュニケーションを十分に行います。
技術的・法規的に希望を満たすことが無理な場合は、理由の説明を行うと同時に、いくつかの代案を提示するようにしています。外観や内装をCGで見せる際には、施主が希望するインテリアやエクステリアを反映させるなど、臨場感のある設計を心がけました。建築設計の職務経歴書のポイント4

・業務においては、「設計者は施主と現場との橋渡し」をモットーに、現場にできるだけ足を運ぶことも心がけてきました。このため、完工後のクレームが少ない設計担当者との評価を得ています。

・20××年度は、ショールームのインテリアコーディネートを手がけました。単に家を素敵に飾るのではなく、低予算で実生活に即した季節感あるコーディネートを行い、来場のお客様から「参考になる」と好評を得ています。建築設計の職務経歴書のポイント5

【資格】
20××年には、インテリアコーディネーター資格を取得。
現在、一級建築士資格取得に挑戦中。20××年度の学科試験に合格していますので、今年は設計製図試験に再挑戦の予定です。建築設計の職務経歴書のポイント6

適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ