転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

履歴書の書き方マニュアル完全版! 趣味・特技欄の見本(サンプル)・作成方法 履歴書の書き方マニュアル完全版! 趣味・特技欄の見本(サンプル)・作成方法

履歴書の趣味・特技欄に、「何を書けば良いのか分からない」と感じている人も多いのでは? 1万人以上の面接や人事に携わった経験を持つ人事のプロが、趣味・特技欄の書き方について、採用担当者目線で解説します。

「趣味・特技がない」と思っている人もお手本例文を参考にすれば、履歴書に書ける趣味・特技が見つかるかもしれません。

INDEX

履歴書の趣味・特技欄は重要? 採用担当者は何を見ている?

採用担当者は履歴書の趣味・特技欄から、応募者の人柄や自社の社風に合う人材かどうかを見極めています。

また、面接時の緊張を和らげるために趣味・特技欄の内容を話題にすることもあります。

新卒時の履歴書やエントリーシートと違い、趣味・特技欄がない履歴書であれば、無理に書く必要はありません。

趣味・特技欄があるにもかかわらず、空欄や「特になし」と記載して提出してしまうと、人柄や適性をアピールするチャンスを逃すだけではなく、転職意欲が疑われることもありますので、ありきたりと思える内容でも記載することをおすすめします。

採用担当者が趣味・特技欄で見ているポイント

  • 人柄や、会社の社風に合うかをチェック
  • 面接で応募者の緊張を和らげるための話題として活用
  • 転職意欲の高さをチェック

趣味・特技をしっかり書くメリット

採用担当者の目線が分かったところで、応募者側のメリットについて考えてみましょう。

趣味・特技欄を魅力的に見せることで、まず何よりも「●●が好きな人、××が得意な人」と、採用担当者に印象を残すことができます。

採用担当者は、応募者から最終的に選抜しなければいけない時、印象の強い応募者を選ぶ傾向があります。奇をてらうのも良くありませんが、履歴書の趣味・特技欄で印象を残すことで、採用の最後の一押しになる可能性もありそうです。

また、履歴書の趣味・特技欄に企業の取り組みと関連した内容が書かれていると、企業研究をしており企業の方向性に共感している応募者だと判断されやすいでしょう。

企業の取り組みと関連していなくても、履歴書に記載した内容が面接で話題になり盛り上がることで、面接官との距離が縮まることもあります。

趣味・特技欄をしっかりと書くメリット

  • 採用担当者の印象に残る
  • 企業研究の成果をアピールできる
  • 面接官との距離感が縮まる

趣味・特技欄の書き方とポイント

履歴書の趣味・特技欄の記載方法に特別なルールはありませんが、採用担当者に伝わりやすく書くことがポイントです。

箇条書きで趣味・特技を記載したうえで、(  )を使用して内容を説明する書き方のほか、文章で簡潔に記載しても良いでしょう。

●趣味・特技欄の書き方例

▼箇条書きの場合

趣味・特技欄の箇条書きでの書き方例文

▼文章で記載する場合

趣味・特技欄を文章で記載する書き方例文

趣味と特技を分けて履歴書に記載すべきか悩む人がいますが、分けて記載しても、分けずにまとめて記載してもどちらでも問題ありません。大切なのは人柄や仕事の姿勢がイメージできるような趣味や特技を記載することです。

また、記載内容だけでなく記入欄にバランス良く配置できる文字量を意識して記載してください。文字量が多く極端に小さな文字になったり、逆に文字量が少なく大きな文字になったりしないように注意しましょう。

多くの内容を盛り込み過ぎると、かえって印象が薄くなりますので、絞り込んで記載することをおすすめします。趣味・特技を分けて記載する場合も、それぞれ一つずつあれば十分でしょう。

書き方のポイント

  • 箇条書きで記載し、( )で説明文を加える
  • 文章で簡潔に記載しても良い
  • 文字量や文字の大きさなど、バランスに注意する
  • 記載するテーマは少数に絞る

どんな趣味・特技を書くべき?

採用担当者に好印象を与えるためには、履歴書に記載する趣味・特技の選び方も重要です。

直接的でなくても、自分の人柄や長所をアピールできる趣味・特技を記載すると良いでしょう。

また、応募企業や職種の特徴などと関連させた内容を記載すると、入社後に活躍するイメージを与えられそうです。

●採用担当者に好印象を与える趣味・特技の記入例

▼例1
趣味:アメリカンコミック(英語版)を読むこと(ビジネスで使っている英語と違い、楽しみながら読んでいます)

【解説】
リラックスしながら語学力を養っている様子が想像できます。日常生活で英語に親しんでいることから、ビジネスにも生かせる英語力の持ち主だと評価されそうです。

▼例2
趣味:写真を撮ること(休日は山に登り、風景や草花をカメラに収めています)
特技:PCスキル(Word、Excel、PowerPoint、Accessはビジネスレベルで使用でき、趣味に関連してPhotoshopも使用できます)

【解説】
少し高度ですが、趣味と特技に関連性を持たせているため、採用担当者の印象に残りやすい趣味・特技と言えるでしょう。 PCスキルについても、ビジネスで問題なく使用できる印象を与えます。面接ではどのレベルまで使えるか具体的に聞かれる可能性があるので、業務での使用事例などを用意しておくと良さそうです

採用担当者に好印象を与える趣味・特技

  • 人柄や長所をアピールできるもの
  • 仕事で活用できるもの
  • 応募企業・職種の特徴に関連するもの

●履歴書に書ける趣味・特技がない時の対処法

履歴書に書くべき趣味・特技については理解できても、「趣味・特技が一つも思いつかない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし、心配ありません。日常のありきたりなものでも、書き方を工夫すれば採用担当者の印象に残せる趣味・特技になり得るのです。

次の章では、履歴書での書き方を工夫したさまざまな趣味・特技の例文を紹介しているので、「趣味・特技がない」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

●書き方の工夫で印象を残せる趣味・特技の記入例

▼例1
趣味:立ち食いそばの食べ歩き(日本そばが好きで、週に3回は異なるお店で食べています。日々、安くておいしい立ち食いそば店の開拓をしています)

【解説】
日常生活の飲食を題材にしていますが、自分なりのこだわりや取り組みに触れることで、人柄が伝わる特徴的な趣味になります。このように、特別なことでなくても、書き方を工夫すれば日常的なことを題材にして良いのです。

▼例2
特技は、初対面の人とすぐに仲良くなれることです。人見知りをしないので年齢、性別、国籍を問わずどのようなタイプの人とでも打ち解けることができ、多くの人と長いお付き合いになっています。

【解説】
コミュニケーション能力はビジネスで必要かつ大切なポイントです。入社後に社内外で良好な人間関係が構築できる人材をイメージさせます。

▼例3
趣味:国内旅行(温泉が好きなので、年間5~6回は国内旅行に出掛けます。季節の移り変わりも感じることができ、心身共にリフレッシュします)

【解説】
自分でリフレッシュする方法を理解していて、ストレス管理能力が優れていると評価できます。

▼例4
趣味:バーベキュー(複数の友人と楽しんでいます。料理担当が多いのですが、現地で作るカレーは絶品だと褒められます)

【解説】
友人が多く、良好な人間関係を築ける性格で、アクティブな印象を与えられそうです。絶品だと褒められるカレーとはどのようなものか興味がわき、面接で話しが広がりやすい趣味だと感じます。

人事のプロが出合った「好感が持てた」/「不安になった」趣味・特技

人事のプロとして1万人以上の面接や人事に携わった経験から、印象に残った「好感が持てた」趣味・特技や、逆に「不安になった」履歴書の事例をご紹介します。

●「好感が持てた」趣味・特技事例

▼例1
趣味:料理を作ること(特に和食が好きで話題のお店があれば、食べに行きます。おいしかった料理は自宅でまねて作るだけでなく、更に工夫して料理を創作し、家族や友人に喜んでもらっています)

【解説】
お店の料理をまねるだけでなくそこから一歩踏み出し、創作料理を作る点に探求心を感じました。仕事も積極的にチャレンジしていく応募者なのだろうと、人柄に好感を覚える趣味になっています。

▼例2
特技は、一度お会いした方の名前を忘れないことです。前職の接客業では初めて来店したお客さまの名前や特徴を覚え、信頼関係を構築しました。

【解説】
一度で名前と顔を一致させることは誰にでもできることではなく、どのようにして覚えるのか、具体的に面接で質問をしたくなりました。仕事において、自発的に工夫ができる点にビジネススキルの高さを感じました。

▼例3
3カ国語(英語、中国語、韓国語)を使用できる(海外留学と現地滞在経験からそれぞれの国の文化にも精通しています)

【解説】
語学力をアピールするうえで3カ国語使えることは、語学を必要とする職場であれば、有力なアピール材料になります。面接でどのようなレベルなのか確認したくなるという点で、「会ってみたい」と思わせる特技だと感じました。

●「不安になった」趣味・特技事例

▼例1
趣味はお酒です(お酒は何でも好きでどんなお酒でもいくらでも飲めます。1週間のうち6日は自宅や飲み会でお酒を飲み、気分転換しています)

【解説】
お酒を扱う会社や、飲み会の多い会社であれば好感を持たれる可能性は否定できないものの、仕事への影響や健康面について不安を感じました。お酒を飲む量や回数ではなく、お酒の知識や飲み会を通じたコミュニケーション能力などをアピールできると、良い印象に変えることができそうです。

▼例2
3日寝ずに仕事ができます(前職では3日間徹夜をしてもまったく問題ありませんでした。体力には自信があります)

【解説】
タフなことは伝わりましたが、仕事が遅い、もしくはスケジュール管理ができていないのではないか、という懸念を抱きました。長時間労働に耐えられることよりも、限られた時間で成果を出せることのほうが、ビジネススキルとして高い評価を得られるのではないでしょうか。

▼例3
誰も追い付けない営業力(相手を絶対に納得させる話術があり、前職でも常にトップセールスでした)

【解説】
記載内容が自慢話のように感じられ、「誰も追い付けない」「絶対に納得させる」などの言葉から自己中心的な人物なのでは? という印象を抱きました。応募職種に対するアピールは問題ありませんが、自信過剰だと思われてはマイナス効果です。

趣味・特技は何を書いても良いわけではない

前項で紹介した採用担当者が不安になるような趣味・特技のなかには、履歴書での書き方を工夫すれば好印象に変えられるものもありました。

しかし、書き方の工夫ではカバーしづらい「あえて書かないほうが良い」趣味・特技もあるのです。

例えば、パチンコや競輪といったギャンブル要素を持つ趣味がその一つです。決してパチンコや競輪が趣味として悪いわけではありませんが、採用担当者が応募者の計画性やお金の使い方に疑問を抱く可能性があります。

また、長期休暇制度のない企業で「長期の海外旅行」や、土日出勤がある企業で「週末の草野球」などと記載すると、自社の労働条件と合わないのではないか、という懸念につながりかねませんので、その場合は履歴書に記載すべきか検討してください。

政治・宗教色が強い内容も、採用担当者により受け取り方が異なりますので、記載しないほうが良いでしょう。

もちろん、うその趣味・特技を履歴書に書くこともやめたほうが良いでしょう。面接時や入社後に辻褄が合わなくなり、信頼を失う可能性があります。あくまでも、採用担当者が悪いイメージや仕事への不安を抱かない内容を正直に記載すべきです。

趣味・特技欄にあえて書かないほうが良い内容

  • ギャンブルに関する内容
  • 応募企業の労働条件とかみ合わない内容
  • 政治・宗教に関する内容
  • うその内容

まとめ

履歴書の趣味・特技欄は、応募者の人柄や適性を伝える重要な項目なので、空欄や「特になし」と記載しないようにしてください。できれば自己PRにつながるものや、応募企業や職種に関連するものが理想ですが、日常生活でありきたりなものでも、書き方次第で印象を残すことができます。

転職では応募者の職務能力や経験と共に、人柄が自社の社風にマッチするか、自社への入社意欲は高いかなど、履歴書の趣味・特技の記載内容からさまざまなことを読み取っているのです。

TOPに戻る

履歴書の書き方見本(パーツ)

履歴書のパーツごとの詳しい書き方は、こちらをチェック。

入学・卒業年度自動計算表(年号早見表)

履歴書を書く時に意外と分からなくなる入学・卒業年度。自動計算表を使えば、誕生日を入力するだけで、学歴の入学・卒業年度がすぐに分かります。浪人や休学などの調整も可能です。



履歴書作成ツール(PDFダウンロード可能)

必要項目を入力するだけで、簡単に履歴書がつくれます。完成した履歴書はPDFでダウンロード可能。自宅でも外出先でも、スマホでもパソコンでも、必要な時にいつでも履歴書が作成できる便利ツールです。

履歴書フォーマットダウンロード無 料

手書き用・パソコン用それぞれの履歴書フォーマットが無料でダウンロードできます。市販の履歴書をお持ちでない場合、ご自身に合ったフォーマットをダウンロード&印刷してご活用ください。

必要項目を入力するだけで、簡単に履歴書がつくれる便利ツールをご紹介。完成した履歴書はPDFでダウンロードしてそのまま企業に提出も可能です。

履歴書の完成度次第で、採用担当者があなたに抱く印象が変わる場合もあります。 氏名・住所など基本情報欄の書き方をしっかり押さえて書類選考を突破し、面接に進める履歴書を作成しましょう!

監修:
谷所健一郎(やどころけんいちろう)

有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメントアドバイザー(CDA)。1万人以上の面接と人事に携わった経験から、執筆、講演活動にて就職・転職支援を行う。ヤドケン転職道場、キャリアドメインマリッジ、ジャパンヨガアカデミー相模大野を経営。主な著書「はじめての転職ガイド 必ず成功する転職」(マイナビ)、「転職者のための職務経歴書・履歴書・添え状の書き方」(マイナビ)ほか多数。

有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメントアドバイザー(CDA)。1万人以上の面接と人事に携わった経験から、執筆、講演活動にて就職・転職支援を行う。ヤドケン転職道場、キャリアドメインマリッジ、ジャパンヨガアカデミー相模大野を経営。主な著書「はじめての転職ガイド 必ず成功する転職」(マイナビ)、「転職者のための職務経歴書・履歴書・添え状の書き方」(マイナビ)ほか多数。

あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。