応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の
秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職の準備は何から始める? 転職活動の進め方・流れ早分かりガイド

「何から準備をすればいいか分からない」「不安や悩みはどう解決したらいい?」など、初めての転職活動では疑問を抱えてしまう方が多いものです。

そこで、転職活動の進め方や不安・疑問への対処法など、これから転職をしたいと考えている方の役に立つ情報をピックアップしてみました。スムーズな転職活動の道しるべにしてください。

INDEX

1初めての転職 よくある悩み

転職活動を始めようと思っていても、何から始めたらいいのかが分からず足踏みしてしまう人もいるでしょう。そんな人には以下の2つの記事をおすすめします。

初めての転職 6つの不安

初めての転職は、誰しも分からないことばかりの不安な状態からのスタートです。しかし、デリケートな内容なので、上司や同僚はもちろん、友人や家族にも相談しにくいと感じるかもしれません。

そんな人のために、「就職活動より難しい?」「未経験の業種や職種でも転職できる?」「転職しやすい時期は?」など、人にはなかなか聞けない6つの不安をピックアップし、お答えしています。

ココを押さえればOK! 転職準備の基礎5カ条

転職を成功させるためには「スケジュール」「会社選び」「書類作り」「面接」「退職時」の5つのステップを押さえる必要があります。

この記事では、スケジュールを立てる際は先に期間やゴールを決めることなど、ステップごとにポイントを解説しています。

退職する際には引き継ぎをきちんと行うことなど、今の職場に対するマナーもご紹介しています。

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

2基本的な転職活動の流れ

転職活動をスムーズに進めるためには、全体の流れを把握することが大切です。

以下の2つの記事では、円滑な転職活動に欠かせないスケジューリングについて、要点を分かりやすくご紹介しています。

転職活動に必要な準備・期間は?

転職活動では、実際に応募や面接を行う期間よりも、その前に行う準備の期間が重要です。転職の準備では、自己分析を行ったり、企業の情報収集をします。

転職活動にかかった期間を経験者に質問すると、およそ半数の方が3カ月以内と答えます。

しかし、この3カ月という期間はあくまでも応募や面接をする山場の部分の話です。情報収集やスムーズに退職するための段取りを図る「準備期間」があったからこそ、短期決戦で進められたという人も珍しくありません。

転職活動のスケジュールの立て方

転職活動のスケジュールの立て方

転職活動の期間を間延びさせない手法の一つに「逆算スケジュール」があります。

逆算スケジュールを立てる際は、先にゴールとなる転職予定日を決めてから、それ以前のスケジュールを設定します。しっかりスケジュールを立てることで、なんとなく応募先を選んでしまったり、勢いで転職先を決めてしまうといったことを防ぎます。

転職を確実に成功させたい方や計画的に今の仕事を退職したい方はぜひ参考にしてください。

転職活動を始める時期の参考に

転職活動スタート時に気になるトピックについて、各記事で詳しく解説しています。

転職活動を始める最善のタイミングは、現職の業務状況によっても異なります。

働きながら転職先を探すか、仕事を辞めてから求職したほうがいいか、また、転職に有利な時期やボーナスをもらい損ねず転職できる時期、需要の高い「第二新卒」を生かして転職活動できる期間など、ベストな転職を実現するためのヒントをお伝えします。

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

3仕事の探し方・応募企業の選び方

初めての転職活動で仕事の探し方や応募企業の選び方が分からず困っている人に向けて、役立つ情報をまとめています。

応募先選びの基本項目

採用されて実際に働き始めてからも「転職して良かった」と思える仕事に就くためには、自分なりの企業選択基準や優先順位を明確にして応募先を選ぶ必要があります。

重視したいポイントは人によって異なりますが、基本的な項目は、職種や具体的な仕事内容、雇用形態、給与額、勤務時間、勤務エリア、職場環境、社風の7つです。

憧れや直感だけで応募先を選んでしまったりすると、失敗や後悔につながる恐れがあります。重視したいポイントに優先順位を付け、妥協できる範囲も見定めておきましょう。

求人情報の効率的な探し方

インターネットを使って転職活動を進める場合、膨大な情報の中から自分に必要なものを取捨選択していくことになります。

自分に合った求人情報をうまく探すためには、自分が就きたい仕事を具体的にイメージし、そこから連想されるキーワードを元に情報を収集するのがベストです。

具体的にキーワードを使って効率的に探す方法についてお伝えします。

やりたい仕事がない時は?

「転職はしたいけど、やりたい仕事が分からない」という人の多くは、キャリアビジョンに完璧を求めすぎている、職種や業種を正しく把握できていない、自分の強みや仕事でかなえたいことが分かっていないなど、原因は必ずどこかに潜んでいるものです。

転職したい理由や条件などを深掘りし、どんな仕事に就きたいと思っているのかを明確化するためのヒントをお伝えします。

適職をディグる! ジョブリシャス診断

延べ37万人へのアンケート調査で得たデータをもとに診断するディグラム・ラボとの期間限定コラボ企画です。20の簡単な質問に答えるだけで、あなたの適職、シゴト性格、強みや弱みなどが診断できます。

自分が思う「向いている仕事」や、長所・短所とは違った一面が隠れていないか、ぜひチェックしてみましょう。

転職成功者のリアルな活動を参考に!

成功者からのリアルな経験談は、不安な気持ちを解してくれたり、自身の転職活動に生かせたりする有益なものです。マイナビ転職が行った覆面座談会では、年齢も職種も異なる3名の転職成功者から、数々の実体験や工夫を伺うことができました。

7つの質問に沿って語られる「転職を考えたきっかけ」「転職活動にかかった期間や苦労した点」「転職をして良かったと思うこと」など三者三様のエピソードをぜひ参考にしてみてください。

併せて年代別の平均応募社数や各ステップの通過確率が分かるデータから、具体的にどれくらいの求人に応募すれば良いのかを確認しましょう。

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

4職種・業種研究

未経験の業種や職種に転職をする場合は、生かせるスキルや必要な知識などを調べておくことも大切です。以下の記事では、さまざまな職種の仕事内容や転職事情などが分かります。

職種別 仕事プロファイル

求人情報データや職種経験者へのアンケート結果をもとに、営業、事務、経理、商品企画、販売など職種ごとにプロファイル。それぞれの仕事内容や向いている人の特徴を知りたい人は要チェックです。

目を通しておくことで、「入社してみたらイメージと実務にギャップがあった」などといったリスクを軽減できます。一般企業に勤めていると分かりにくい学校法人職員や団体職員についての情報もあります。

職種・業界別 未経験からの転職成功ガイド

未経験の職種や業種への転職を希望している方は、こちらを参考にしてみてください。事務、経理、営業、人事、ゲーム業界、アパレル業界など、人気の職種や業種に関する情報がまとまっています。

やりたい仕事の経験が不足している場合の転職では、書類および面接での自己PRが合否の鍵を握ります。職業によっては資格が優遇されたりするケースもあるので、併せて確認していきましょう。

未経験から転職しやすい職種・業種は?

具体的な職種や業種の希望は定まっていないものの「未経験の仕事にチャレンジしてみたい」という気持ちを持っている方は、こちらの記事がおすすめです。

業種や職種によって経験の有無を問わない求人数の割合は異なります。未経験歓迎が多い理由や、転職で注意すべき点などをご紹介しています。

公務員へ転職できる?

民間企業から公務員への転職を目指す人は、社会人経験者採用という制度を利用できます。一般枠との違いや、試験を受ける前に知っておきたい注意点などを詳しく解説しています。

公務員特有の求人動向も把握しておきましょう。

こんな職種・業種もチェック

そのほかさまざまな仕事について解説しているので、ぜひチェックしてみてください!

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

5求人情報の読み方・用語解説

なんとなくの知識や雰囲気で求人情報を読んでいませんか?

そのまま転職活動を進めてしまうと、選考時や採用後に自分の理想と違う職場だったことに気づくなど、転職に失敗してしまう恐れがあります。各用語の意味を企業の種類から手当・制度までそれぞれまとめましたので事前に確認しておきましょう。

企業の種類・法人格

職種や業種

給与・待遇

手当・制度

6こんな時、まだ転職すべきでない?

「まだ転職を迷っている」「こんな理由で転職してもいい?」と思っているならチェックを!

みんなが仕事を辞めたいと思った理由

お金、人間関係、仕事内容など…… アンケートの結果から見えてきた、みんなが仕事を辞めたいと思った理由を7つに分類しました。最も多かった理由は給与や福利厚生に関する内容でしたが、人間関係に関する理由も同程度寄せられています。

今すぐ仕事を辞めたい、転職したいと考えている人はもちろん、なんとか踏みとどまり乗り越えたい人が活用できるリアルな対処法も読み応えありです。視点や考え方を変えるヒントにしてみてください。

なぜ人間関係で悩む人が多いの?

転職や退職を考える理由として多く挙げられる悩みの一つが、職場の人間関係です。人間関係が良好だと、仕事がスムーズに進めやすくなったり、精神的な負担が軽くなったりします。

職場の人間関係で悩んでしまったら、まずは自分の考え方を変えてみる、信頼できる人に相談するなどの対策がおすすめです。加えて、つらさを我慢しすぎないといったポイントもあります。

人間関係を理由に退職や転職を検討している場合も、以下の記事を参考に、自分にできる対策がないかチェックしてみてください。

パワハラが原因で転職を考えている人向けのアドバイス

パワハラが原因で仕事を辞めたい、転職したいと考えている人の中には、転職してもまた同じような職場かもしれない、スムーズに退職できるだろうか、といった不安を抱えてしまう人も多いと思います。

しかし、実際にパワハラを理由に転職した人へのアンケートでは、転職をして良かったと回答する人の割合が7割にも上っています。パワハラから解放されたいと思っている人はぜひ参考にしてください。

退職意向は転職先の内定が出てから伝えるべきなど、辞める際のコツもご紹介しています。

転職すべきではない人もいるって本当?

転職活動をしている、考えている人の中には、本当は「転職すべきではない人」も存在します。特に、第二新卒層に多い目的が定まっていない人、他責思考が強すぎたりする人などは要注意です。

すぐに向いていないと判断するのではなく、「どうすれば良い転職ができる人になれるのか」を以下の記事を読んで理解しましょう。

「取りあえず3年働いてから」のメリットやデメリットは?

転職時期の目安としてよく言われる、3年を待つ場合と待たない場合、それぞれにメリット・デメリットがあります。

例えば、今の仕事を続けると心身に不調を来す可能性が高い、第二新卒という立場を生かして転職活動がしたい、などといった場合は、3年を待たずに転職したほうがいいでしょう。

反対に、職務経験や業界経験を積むことで転職が有利になる場合や、実績や成果を生かして転職活動を行いたい人は、取りあえず3年を目安に今の仕事を続けてみるのがおすすめです。

自身の状況に合わせた選択をしていきましょう。

仕事がつらい時の原因と取るべき対処法

仕事がつらい時に取るべき対処は、その原因によって異なります。原因が分からない場合は、ストレスに感じていることを書き出してみたり、特定の状況でのみ体調や気持ちに変化が起きていないか振り返ったりしてみましょう。

もし仕事の内容につらさを感じている場合は、仕事の捉え方や向き合い方を変えてみるのがおすすめです。

対して、職場環境につらさを感じるなら、自分の考え方や行動を変えると同時に、然るべき相手への相談も検討してみてください。

営業職を辞めたいと思っている方向けのアドバイス

営業を辞めたいと思う人の多くは、ノルマや人間関係を理由に挙げることが多いものです。

職種を変えることで解決する場合もありますが、理由によっては転職が解決策にならないケースもあります。営業職のキャリアがまだ浅い人や他職種について詳しく知らない人は特に陥りやすい傾向があるため注意しましょう。

転職活動がうまくいかない

転職活動を始めてみたものの「うまくいかない」と悩んだり、ミスマッチにより転職を繰り返したりする人は少なくありません。

うまくいかない人の特徴・失敗する原因は大きく3つに分けられます。当てはまっている人は焦らず立ち止まってみるのも良いでしょう。

マイナビ転職 編集部

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
すべての「働く」を、もっとひらく。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。